ホーム > 新着情報

イベント情報

 2019年10月25日(金)~27日(日)、北上総合体育館(岩手県北上市相去町髙前檀)にて「きたかみ・かねがさきテクノメッセ2019」が開催されました。
本学からは、ソフトウェア情報学部 土井 章男 教授、同 佐藤永欣 講師の研究テーマを出展しました。

「きたかみ・かねがさきテクノメッセ2019」詳細はこちらをご覧下さい。

 



 岩手県立大学いわてものづくり・ソフトウェア融合テクノロジーセンター(i-MOS)では、「ものづくり」と「ソフトウェア」を融合した新技術を活用した産業の開拓や新製品の提案力を備えた高度技術者養成を目的として、高度技術者養成講習会「さわって学ぶ「誰でも使えるQGIS」」を開催いたします。

 本講座では、行政サービス・業務支援ツールとして、無料の地理情報システム(QGIS)がどの様に利用されているか実用事例を交えながら解説し、QGISが行政機関や業務の中で「何に使えるのか」「どのような効果が期待できるのか」を理解します。
また、QGISを実際に操作し、地理情報システムの基礎知識や基本的な操作方法について理解を深め、既存データや公開データを使用して地図を作成しQGISの利用方法について学習します。

皆さま多数の参加をお待ちしております。

 

「さわって学ぶ「誰でも使えるQGIS」」の詳細・お申し込みはこちらをご覧ください。

 

2019_QGIS_chirashi.jpg

 



 2019年10月25日(金)~27日(日)、北上総合体育館(北上市相去町高前檀27-36)にて「きたかみ・かねがさきテクノメッセ2019」が開催されます。

本学からは、

『自転車競技トレーニングの疑似体験アトラクション』
(ソフトウェア情報学部 佐藤永欣 講師)

『自然景観や文化遺産の3Dモデル体験』
(ソフトウェア情報学部 土井章男 教授)

を展示いたします。

「きたかみ・かねがさきテクノメッセ2019」詳細はこちらをご覧ください。

 



令和元年度岩手県立大学公開講座・地区講座 宮古市多文化共生講演会

   岩手県立大学では、宮古市国際交流協会と連携し、「多文化共生ってなに? ~出会う、感じる、気づく、そして、一緒に考え、共につくる~」をテーマに下記のとおり講演会を開催いたします。
   どなたでも参加できますので、ぜひ御参加ください。


〇開催日時 令和元年9月29日(日)13:15~15:45
〇会  場 イーストピアみやこ 市民交流センター 会議室1・2(宮古市宮町一丁目1番30号)

 

プログラム等の詳細はこちら




標記について、7月19日付けでプレスリリースを発出しました。

岩手県立大学ソフトウェア情報学部では、7月27日(土)から、「おでんせ!サイエンスキッズ&ジュニア」を実施します。
これはコンピュータ好きの児童や生徒を育てることを目的とした体験型のイベントで、2016年より毎年開催されています。
今年からは、多数の要望に応えて中学生が対象に加わりました!
コンピュータの仕組みやプログラミングの楽しさなど、遊びの中で学べるように工夫を凝らしていますので、ぜひ岩手県立大学のキャンパスに来て、教員や学生と一緒にコンピュータ科学を楽しく学びましょう!
報道関係の皆様におかれましてはこれを周知くださるとともに、当日の様子を取材の上、報道くださるようお願い申し上げます。

詳細は、ソフト学部ホームページもしくはプレスリリース文面をご覧ください。


本学のほかプレスリリース情報についてはこちらのページをご覧ください。