ホーム  > 研究関連情報  > 【地政研】これまでの研究課題と研究内容の概要について

【地政研】これまでの研究課題と研究内容の概要について

 平成23年に当センターが設置されてから取り組んでまいりました「東日本大震災からの復興」をテーマにした「震災復興研究」(平成23年~平成24年実施)、また平成24年度より実施しております「地域協働研究」、平成26年度よりスタートしました「東日本大震災津波からの復興加速化プロジェクト研究」の研究課題と概要をご紹介いたします。

地域協働研究

 地域協働研究は地域の諸団体と本学教員が協働で「地域が抱える課題」に取り組む研究です。 
地域政策研究センターの取り組みとして平成24年度に創設され、地域課題の解決のために学内教員と地域団体等(県・市町村等の公共団体・地域団体・NPO等)が協働で取り組んでいる研究です。これまで取組んできた研究課題は教員提案型・地域提案型あわせて190課題を超えます。

地域協働研究採択状況

  平成29年度より、研究成果をできるだけ早く地域社会に届けるしくみとして、平成24年度から実施してきた「地域協働研究」を見直しました。
地域協働研究事業概要等につきましてはこちらをご覧ください。

   ステージⅠ  ステージⅡ
平成30年度 18件(採択課題一覧) 7件(採択課題一覧)
平成29年度  24件(採択課題一覧)  4件(採択課題一覧)

 

 平成28年度まで学内教員からの提案による「教員提案型」と地域等からの提案による「地域提案型」を実施しておりました。

 

地域提案型

教員提案型

前期 後期 前期 後期
平成28年度 20件 12件(採択課題一覧) 4件 1件(採択課題一覧)
平成27年度 21件 13件 5件 4件
平成26年度 14件 9件 14件 4件
平成25年度 13件 9件 15件 8件
平成24年度 21件 8件 9件 -

 

地域協働研究 研究成果

地域協働研究 研究成果報告集 5
  【平成27年度 教員提案型(後期)・地域提案型(後期)/平成28年度 教員提案型(前期)・地域提案型(前期)】
地域協働研究 研究成果報告集 4
  【平成26年度 教員提案型(後期)・地域提案型(後期)/平成27年度 教員提案型(前期)・地域提案型(前期)】
地域協働研究 研究成果報告集 3
  【平成25年度 教員提案型(後期)・地域提案型(後期)/平成26年度 教員提案型(前期)・地域提案型(前期)】
地域協働研究 研究成果報告集 2
  【平成24年度 地域提案型(後期)/平成25年度 教員提案型(前期)・地域提案型(前期)】
地域協働研究 研究成果報告集 1 
  【平成24年度 教員提案型/地域提案型・前期】

東日本大震災津波からの復興加速化プロジェクト研究

 平成26年度より実施、研究成果を地域社会に還元させる事で復興に寄与することを目的をした研究です。

◆平成28年度採択課題(研究期間H28.6~H30.3)

●小川プロジェクト 研究代表者
小川 晃子
(社会福祉学部)
ICTを活用した孤立防止と生活支援型コミュニティづくり
-釜石モデルをもとに岩手県全域での普及を目指して
概要(PDF
●新田プロジェクト 研究代表者
新田 義修
(総合政策学部)
岩手県沿岸地域における水産加工流通業等のバリューチェーン強化による復興促進効果の解明
概要(PDF


◆平成27年度採択課題(研究期間H27.6~H29.3)

●土井プロジェクト 研究代表者
土井章夫
(ソフトウェア情報学部)
さんりく沿岸における復興計画の3Dモデル化と人材育成
概要(PDF

◆平成26年度採択課題(研究期間H26.6~H28.3)

●小川プロジェクト 研究代表者
小川 晃子
(社会福祉学部)
釜石地区におけるICTを活用した孤独防止と生活支援型コミュニティづくり
-岩手県全域での展開を目指して-
概要(PDF
●新田プロジェクト 研究代表者
新田 義修
(総合政策学部)
岩手県沿岸地域における水産加工流通業の競争力強化と雇用の拡大
概要(PDF

研究成果

東日本大震災津波からの復興加速化プロジェクト研究 研究成果報告集 2

東日本大震災津波からの復興加速化プロジェクト研究 研究成果報告集 1

震災復興研究(平成23年~24年実施)

 研究テーマを「東日本大震災からの復興」に絞り、「暮らし分野」、「産業経済分野」、「社会・生活基盤分野」の各分野で15の研究課題に取り組みました。

研究課題一覧4課題(PDF)
研究課題一覧6課題(PDF)
研究課題一覧5課題(PDF)

 

震災復興研究 研究成果

震災復興研究 研究成果報告集
→平成23年度 震災復興研究 中間報告集(PDF

 

>>地域政策研究センターへ戻る