ホーム  > 高等教育推進センター  > 高等教育推進センター

高等教育推進センター

 

高等教育推進センターの任務

岩手県立大学高等教育推進センターは、常に大学の外部環境を注視しつつ、大学教育を支える各業務を俯瞰して、教育改革・授業改善及び基盤教育に係るプランニングやマネジメントを行うことを目的として、2013年4月に「企画開発部」が設置されました。2014年4月には、従来の共通教育センターを「基盤教育部」として再編統合しています。

センターの基本理念は、「社会のニーズに応える学士(短期大学士)課程教育への質的転換」を目指し、全学的な教学マネジメントの充実と、基盤教育の強化を中心に据えています。

 

教育の質保証のための検証及び支援

教育成果の把握・検証を通じて、教育力の改善・改革を推進します。

全学に共通する新たな教育課題等への対応

学部横断的な教育課題や改革事項に対する調査や基盤形成、全学的なプランニングを行います。

高等教育政策の動向等に関する調査研究及び対応

国や社会の教育施策や方針を的確に把握し、迅速に方針を策定します。

基盤教育に関する企画開発及び運営

全学的基盤教育の実施主体として、本学の人間教育をリードします。
基盤教育科目の検証を継続的に行っており、教養科目の再編(領域科目、テーマ科目、プロジェクト科目の3科目群)による改正を2014年度から、英語科目の再編(英語基礎演習、英語実践演習、応用英語の3科目群)と情報処理科目の見直しによる改正を2015年度から、地域志向教育の充実を目指した副専攻プログラムの設置を2016年度から実施しています。

 

 お問合せ

岩手県立大学高等教育推進センター 

  • 企画開発部 TEL:019-694-2022 FAX:019-694-2023
  • 基盤教育部 TEL:019-694-2150 FAX:019-694-2151