ホーム  > 学生生活  > 奨学制度

奨学制度

Web学生便覧TOP>学生生活の手引き サポート>奨学制度

奨学制度

奨学金の種類

本学での奨学金には、次のようなものがあります。
奨学金には、貸与(返還義務のあるもの)と給付(返還義務のないもの)があり、「貸与」の奨学金については卒業後には返還義務が生じますので、このことを念頭において応募してください。

  • 日本学生支援機構奨学金(貸与・給付)
  • 岩手県立大学独自の奨学金
    • 岩手県立大学学業奨励金
    • 岩手県立大学私費留学生奨学金
  • その他各種団体等の奨学金

日本学生支援機構奨学金

(1)貸与奨学金の概要

独立行政法人日本学生支援機構は、「独立行政法人日本学生支援機構法」に基づいて平成16年4月に設立され、日本育英会の事業を承継し、経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し学資の貸与及び給付を行っています。

出願資格 原則として日本国民で、本学に在学し人物・学業ともに優れ、経済的理由により修学が困難な者(注1)
募集時期 毎年度当初(事前に掲示し、説明会を実施)
貸与期間 標準修業年数(留年による延長不可)
採用通知 出願から2~3ヶ月後に本人へ通知
(採用人数に限りがあるため、基準に合致していても採用されない場合があります)
種類 第一種奨学金 第二種奨学金
貸与月額 学部生・短大生 自宅通学者 最高45,000円 2・3・4・5・6・7・8・9・10・11・12万円から選択
自宅外通学者 最高51,000円
博士前期課程 88,000円 5・8・10・13・15万円から選択
博士後期課程 122,000円
貸与利率 無利息 固定金利または変動金利(年利3%上限)

(注)本学入学前に他大学等で貸与を受けていた場合には、出願資格に制限がありますので個別に相談してください。
(注)第一種奨学金の欄に記載の金額は、一定の要件を満たした場合に貸与が受けられる「最高月額」です。
   最高月額の貸与が認められない場合の貸与月額は2万円又は3万円(自宅外の場合は4万円も選択可)となります。

入学時特別増額貸与

所得額が一定の基準以下であり、日本政策金融公庫の教育ローンの貸付を受けることができなかった方を対象として入学時特別増額貸与を受けることができます。

緊急採用・応急採用

被災、主たる家計支持者の死亡、解雇等により家計が急変したときには、緊急採用(第一種)又は応急採用(第二種)の制度があります。
緊急採用はその年度末(事情により一年間延長可)まで、応急採用は標準修業年数が修了するまでの期間について奨学金の貸与を受けることができます。詳しくは学生センター(学生支援担当)にお問い合わせください。

上記のほか、日本学生支援機構のホームページもご参照ください。

(2)給付奨学金の概要

 本学は高等教育の修学支援新制度の対象校となっており、条件に合致する学生へは、日本学生支援機構の給付奨学金(返還義務のない奨学金)が支給されます。

対象者

①世帯収入や資産の要件を満たしていること
②学ぶ意欲がある学生であること
③日本国籍を有していること又は特別永住者等であること(「留学」の在留資格を有する方は、本制度の対象となりません。)
④高等学校等を初めて卒業又は修了した日の属する年度の翌年度の末日から本学に入学した日までの期間が2年を経過していないこと          等
※ 詳細については、欄外にある各機関のホームページにてご確認ください。
※ 高等教育の修学支援新制度に係る給付型奨学金と同じ要件です。
※ 一度支援を受けられることとなっても、支援対象としてふさわしくないと判断された場合、途中で支援が打ち切られることがあります。

給付月額

第Ⅰ区分(自宅通学) :29,200円
第Ⅰ区分(自宅外通学):66,700円
第Ⅱ区分(自宅通学) :19,500円
第Ⅱ区分(自宅外通学):44,500円
第Ⅲ区分(自宅通学) : 9,800円
第Ⅲ区分(自宅外通学):22,300円

新規申請・継続手続きの時期

毎年度当初、秋の年2回
(具体の締め切り日は年度により変わりますので、大学から届く学内メール等にてご確認ください。)

※ 詳細については、以下文部科学省や日本学生支援機構のホームページにてご確認ください。また、日本学生支援機構の「進学資金シミュレーター」では、どのくらいの収入の世帯が対象となるか、どのくらいの給付型奨学金が受けられるかのシミュレーションをすることができます。

(文部科学省ホームページ 世帯収入について)
https://www.mext.go.jp/content/20200221-mxt_gakushi01-100001055_6.pdf

(文部科学省ホームページ 国籍等について)
https://www.mext.go.jp/content/000035035.pdf

(文部科学省ホームページ 高校等卒業後の要件について)
https://www.mext.go.jp/content/20200311-mxt_gakushi01-100001055_07.pdf

(日本学生支援機構ホームページ)
https://www.mext.go.jp/kyufu/student/daigaku.html

(進学資金シミュレーター)
https://shogakukin-simulator.jasso.go.jp/

(3)各種手続

手続 対象・時期 備考
進学届 入学前に日本学生支援機構採用候補者(予約奨学生)として採用されている者 入学後直ちに提出
在学猶予願 すでに貸与が終了した奨学金について、在学中の返還猶予を希望する場合 スカラネットパーソナルから提出
編入学奨学金継続願 編入学生で、入学直前の学校で奨学金の貸与を受けていた場合 継続手続きにより貸与を受けられるのは第二種奨学金のみ
第一種奨学金の利用を希望する場合は別途申請が必要
異動願(届) 休学又は一ヶ月以上の長期欠席 貸与休止
留学 原則として貸与休止
復学 貸与復活
退学 貸与終了→リレー口座登録
辞退又は廃止 貸与終了→リレー口座登録+在学猶予願提出
貸与月額変更願(届) 第一種 転居により自宅又は自宅外月額に変更となる場合
第二種 月額変更を希望する場合
改氏名・奨学金振込口座変更届 氏名・振込口座を変更する場合
確認書・連帯保証人(変更・転居)届 連帯保証人の変更又は住所変更があった場合
奨学金継続願 大学で定める日(通常は1月) 怠ると奨学金廃止

岩手県立大学独自の奨学金制度

岩手県立大学学業奨励金(貸与)

種類 対象 貸与期間 対象者 貸与月額
第1種 学部 4年間 推薦入試により入学した1年次生(岩手県内出身者)で、建学の理念のもと学業に励み、他の学生の模範となる資質を有すると認められる者 3万円(※)
盛岡・宮古短大部 2年間
第2種 学部 3年間 2年次生(第1種奨学生を除く)で、建学の理念のもと学業に励み、学業成績、学業態度等が他の学生の模範になると認められる者 3万円(※)
大学院 博士前期課程 2年間 1年次生で、将来、教育・研究者、高度の専門性を有する職業人として活動する能力があると認められる者 5万円
博士後期課程 3年間

(※家計収入・所得状況により、希望する場合は5万円とする場合があります。)

返還免除制度

奨学金は卒業後に割賦により返還していただきますが、次のいずれかに該当する場合にはその全部又は一部の返還を免除することがあります。

  • 本学における業績が特に優秀と認められるとき
  • 卒業後一年以内に岩手県内に本社を有する企業・団体等に就職し、所定の年数以上勤務したとき
  • 公立大学法人岩手県立大学学業奨励金規程及び様式はこちら
    ※令和2年6月9日付で一部改正しました!(第32条、様式第10号及び様式第13号)
    一定期間の免除職従事により返還免除を願い出ようとする方は、ご注意願います。

  【注意事項】
    理事長の交代により、令和2年4月13日付けで大学口座の名義を以下のとおり変更しましたので、奨学金の返還時にはご注意願います。
    変更前)口座名義:公立大学法人岩手県立大学 理事長 遠藤達雄
     ↓
    変更後)口座名義:公立大学法人岩手県立大学 理事長 千葉茂樹
      フリガナ:コウリツダイガクホウジンイワテケンリツダイガク
           リジチョウ チバシゲキ

岩手県立大学私費外国人留学生奨学金(給付)

対象者 正規生として在学する私費外国人留学生で、学業、人物ともに優れ、かつ、経済的援助が必要であると認められる者
給付月額 学部生・短大部生:5万円 大学院生:8万円
給付期間

4月から翌年3月まで(10月入学者は10月から翌年9月まで)の1年間(次年度再申請可能)

採用人数 若干名
申請要件

次の全てを満たすこと。

  • 他の奨学金を受給していないこと
  • 仕送りの平均月額が9万円以下であること
  • 在日扶養者がいる場合には、当該扶養者の年間所得が日本学生支援機構第二種奨学金収入基準額以下であること。
選考に当たっては、1年次生は入学試験及び日本留学試験の成績、2年次生以上は前年時の学業成績等により判定されます。

その他各種団体等の奨学金

このほか、地方公共団体や民間団体による各種奨学制度があります。
募集のつど学生センター前掲示板と「学内ページ」に掲載してお知らせします。

対象 奨学金の例
看護職員を対象としたもの 岩手県看護職員修学資金など
介護福祉士を対象としたもの 岩手県社会福祉士修学資金など
出身地によるもの 各都道府県、市町村が行うもの
病気遺児、交通遺児を対象としたもの 交通遺児育英会、あしなが育英会など

その他

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

日本政策金融公庫による入学・在学資金の融資制度(国の教育ローン)については、日本政策金融公庫のホームページにて詳細を御確認ください。

日本政策金融公庫のホームページ

お問い合わせ

学生支援室 学生支援グループ
電話:019‐694-2010  FAX:019-694-2011