ホーム > キャンパスアテンダント > IPUCA Blog

IPUCA Blog

Blog

冬休みももう終わり*あいみー

はじめまして!

総合政策学部、CA1年のあいみーです。CAブログはお初です(^^)/

 

みなさんはまだ冬休み中でしょうか?

岩手県立大学では1月7日から学校が再開しました~。悲しいTT

私が高校3年生のころは冬休み中もずっと課外ばかりでした。懐かしいです。

 

センター試験ももうすぐですね。今まで積み重ねてきた実力発揮できるように頑張ってください!模試の判定はさほどあてになりません!(?)

 

大学生の冬休みはというと、私はアルバイトと課題をやってました。いつもの休日とあまりかわらないという。笑

 

年末年始は私の実家である一関市に帰省しました!

家族全員が久しぶりに集合して楽しい時間をすごしました♪

久しぶりに見た姪っ子がだんだんと喋れるようになってきてびっくりしました。

 

あいみー.png

 

写真は実家の愛犬と雪だるまを作って遊んでいる画像です。せっかく大きくした雪玉を愛犬に食べられてます。笑 けど可愛いから許す!

 

地元を離れてから家族や愛犬、友達に会えない日々がとても寂しいです。

高校生の方で今年から地元を離れる皆さん、ぜひ家族や友達との残りの時間を大切にしてくださいね~。

 

それと宣伝です!!

1月27日(日)にアイーナキャンパス7階で岩手県立大学合格者向けのCAカフェを行います!

ぜひ参加していち早く友達をゲットしませんか??

みなさんが楽しめるように、いろんな企画を準備してお待ちしています!

 

それでは、体に気を付けて今年も頑張っていきましょう!

以上、あいみーでした!

新年、あけましておめでとうございます*はやとん

2019年一発目のブログ記事を担当させて頂けるとのことで大変光栄です。

皆さんはどのように年末、お正月をお過ごしになったのでしょうか。私の場合、兵庫県の実家には帰省せず、殆ど一人でこの冬休みを過ごしておりました。私の友人たちは大学生にも関わらず、沢山お年玉を貰えたようで大変うらやましい限りです。と言うのも、私の家系では高校を卒業したらお年玉は無しというルールがあるからなんですよね。それが理由で帰省しなかった訳ではないのですが、実家は物理的に遠いし岩手でやり残した仕事が沢山あったので、やはり帰るのは困難でした。そんな年末の暮らしぶりを記事にしようと考えていた私ですが、よく考えてみると読者が求めている情報というのは私の普段の暮らしぶり等では無くて、大学についての情報ですよね。

ということで、大学のホームページ等には書かれていないような大学の情報を、私の視点で紹介していきたいと思います!

 

私は大学というものは、一種の街だと考えています。街には図書館やレストラン、レジャー施設と言った様々なものがあるように、大学にも様々な人間や施設が存在しています。その中でも特に私が気に入っているのがソフトウェア情報学部の研究室です。(2019年度から体制に変更があります。詳しくは学部のHPへhttp://www.soft.iwate-pu.ac.jp/)、研究室は街に例えるなら家です。何ができるかというと何でもできます。最近だと2vs2で試合できるサッカーロボットを開発していたのですが、部屋が広いのでロボットを自由に走らせたりしていました。そのロボット達は1月5日に開催されたロボットの大会に出展し、見事2位とプレゼン賞を頂くことができました。このように私は第二の家として研究室を利用しています。

 

次に紹介するのは岩手県立大学の大学生についてです。大学のホームページやパンフレットには大学生の声がしばしば掲載されていますが、その人達は大学で特に際立っている存在です。実際にはもっと多種多様な人がいます。例えば、バイトに明け暮れている人、常に勉強や研究している人、陽キャ、髪色がカラフルな人等々。入試形態も一般、推薦、AO等いろいろあるのでいろんなタイプの人間がいます。大学は一種の街というのはこの様な意味合いを込めてです。また高校生の頃だと大学に合格すること=ゴールと考える人も多いかもしれませんが、大学入学後に皆さん自身も大学を築き上げていくことがこれから求められます。それはつまり自己のアイデンティティを確立することや自身だけの得意分野を持つことに他なりません。そのために、私は常に思考すること、手を動かすこと、アウトプットすることを大切にしています。皆さんも今一度、自身のことについてよく考えてみてください。

 

次に私が最近一番凄いと考える岩手県立大学の良いところを紹介します。それは、学食です。学食の晩御飯には鍋がでます。学食で鍋。しかも味は日替わり。滝沢市の冬は寒いですが、鍋を食べると心も体も温まります。私は一人暮らしで特に自炊をしないので、とてもありがたいです。個人的にはきりたんぽ鍋がお気に入りです。私はきりたんぽというものを人生で一度も口にしたことがなかったので、非常に感動しました。学外の方でも学食を食べることはできますので、興味がある方は是非一度お越しください。

 

これで最後になりますが、岩手県立大学は小規模ながらも、自分のやりたいことを好きなようにできる良い大学です。金銭面でもです。例えば、新しい事業を始めるときに最大30万円まで支援して頂ける「Eプロジェクト」という制度があります。私はこの制度を利用して4月から小中高校生向けのロボット教室を開催します。大学生の皆さんも、「俺が大学を変えてやる!」くらいの意気込みで色んな事に挑戦してみてください。

 

大学生なのでいくら失敗しても問題ありません。挑戦することが大事です。私が伝えたいことは以上です。

今年も頑張りましょう!!^^

「イベントに参加しました!」

みなさんこんにちは!CA1年のまつこです!

総合政策学部の1年生で、今はレポート課題に追われている日々です・・・。

 

月日が経つものは早いもので年末が迫ってきていますね。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

今回は先日参加した「ふるさと発見!大交流会in Iwate 2018」についてご紹介します。

まつこ.png

ものづくり・IT、食、観光など200を超える機関が集結し、大学生はもちろん県内の高校生も集まる、2,000人規模の一大交流イベント。

 

それぞれの団体の魅力を伝え合う「大交流会」を通し、学生のアイデアを大人がサポートして具体化する、そんなイベントです。

 

参加者は、もちろん大学生の方が多かったのですが、高校生もたくさん参加していたのが印象に残っています。

 

私が話を聞いてとても印象に残った企業はドラッグストアYさんと道路舗装業者Iさんです!

 

ドラッグストアYさんでは、自社開発のプライベートブランド商品が約900アイテムあり、そのアイテムは「市場にありそうでないもの」を意識して

商品開発に取り組んでいるそうです。例えば、様々な匂いがある芳香剤やボディスクラブを塗ってそのままお風呂に入ると入浴剤になるという商品などです。

 

道路舗装業者Iさんは、主に道路の舗装工事をしている会社で、話を聞きながら、舗装で実際に使っているアスファルトの強度が体験できる実験をしました。

実験では、従来のアスファルトと開発した強度のあるアスファルトを引っ張りました。従来のアスファルトは引っ張ると伸びきったら切れてしまいます。

開発したアスファルトを引っ張ると、伸びきっても切れませんでした!切れる人は誰もいないそうなのでとても強度のあるアスファルトだと思いました。

やわらかいアスファルトを触るのは初めてだったのでとても楽しかったです!

 

県内の企業の話をたくさん聞けるのはこの大交流会しかできないと思います。

みなさんも機会があればぜひ参加してみてください!

 

 

以上で私の今回のブログを終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

年末! *いっちゃん

 皆さん、こんにちは!

今回初めてブログを書きます、社会福祉学部人間福祉学科1年、いっちゃんです!

よろしくお願いします(^^)

 

それにしても最近、寒いですね…。

雪も本格的に降りだし、ついこの間まで落ち葉で赤い絨毯だったところが、今では雪で銀色の絨毯になっています。

なんと滝沢では、家のドアが凍って開かないという現象が発生したそうで、侮れない滝沢の寒さに驚いております。

 

さてさて、月日の流れるものは早いもので、あっという間に年末です。

皆さん、今年2018年はどんな年でしたか?

私は、第一志望だった岩手県立大学に入学でき、勉強はもちろん、CAやサークルでの活動など、本当に色んなことがあり、充実した一年でした。

 

中でも特に印象に残っているのは、先月のCAブログであいりこも書いていましたが「いわて創造学習」という授業についてです!

私は岩手県二戸市にフィールドワークに出かけ、浄法寺漆について学んできました。

二戸市浄法寺で採れる漆をもっと有効活用して、文化の継承、地域活性化、そして障がい者福祉にまで繋げようと努力する、関係者の方々の熱い思いに触れ、心から感動しました。

 

そして、高校生の頃に憧れていたCAとして参加できた大学祭も忘れられません!

“なんでも相談室”でお話しした高校生や保護者の方々から言っていただいた「ありがとうございました」という言葉が本当に嬉しかったです…!

 

他にも、書ききれない程のたくさんの出来事があった一年でした!

来年は今年あった出来事を糧に、さらにいい年にしていきたいと思います!!

皆さんも、一年の締めくくりに、今年の振り返りをしてみてはいかがでしょうか?

 

最後になりましたが、受験生の皆さんは受験勉強も大詰めを迎え、頑張っていることと思います。

ご家族や友人から「がんばってね」と言われることがあると思いますが「期待されている…」と気負わず、自分のペースで、できることを着実にやっていってくださいね。

ずっと勉強していると、やはり疲れてくるので、たまには息抜きも必要です。

楽しむときは楽しんで、勉強するときは勉強して、メリハリをつけて目標に向かっていってくださいね!

今は辛いことでも、あとから振り返ってみれば、いい思い出だったりもします。

ラストスパート、体調だけは気を付けてくださいね。

皆さんの満足のいく結果になることを願っています。

 いっちゃん.jpg

お別れに、岩手県立大学のイルミネーションです!

素敵だなぁとロマンチックな気分に浸る間もなく、冷たい北風が吹きつけてきました…。

暖かくしてお過ごしください!

最後までお付き合いくださいまして、どうもありがとうございました!

それでは、また!

いっちゃんでした!

「冬とロボット *じん」

皆さんこんにちは、ソフトウェア情報学部1年 じん です!

CAブログ初登場となります。よろしくお願いします!

 

さてさて、今月も半分が過ぎ、年末ムードが漂ってきておりますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私は急激な気温変化についていけず、体調を崩しがちです…。早く治したいですね。

12月に入ってから一気に気温が下がってきて大変ですが、皆さんは体調管理には気をつけてくださいね〜。

 

大学では12月に入ってからイルミネーションが点灯されました!

私が撮影した時には雪は降っていませんでしたが、降っている時はさらに綺麗に見えますよ( ´∀`)

冬のイルミネーションってどうしてこんなに綺麗に感じるのでしょうか…不思議です。

 

さて、ここからは私のお話を少しだけ…。

12月9日に開催されたロボカップジュニア盛岡大会に参加してきました。

 

ロボカップジュニアとは、ロボットの設計製作を通じて次世代のRobo Cupの担い手を育てる目的で開催されているもので、Robo Cupというのは、「西暦2050年までに、人間のサッカー世界チャンピオンチームに勝てるロボットチームを作る!」という、世界の人々に分かりやすい夢のある目標を掲げる事で、真に人間社会に役立つロボット技術を育成することを目的としたユニークな国際プロジェクトなんです!

 

こういった大会に参加するのは初めてでとても緊張しました…!

大会前日にロボットが片方壊れるというハプニングもありましたが、無事優勝を勝ち取ることができました!チームの一員としてとても嬉しかったです٩( ‘ω’ )و

競技中はこんな感じでした〜。(サッカーコートなのが分かりますね!)

じん.jpg

来月には東北大会も控えているので今まで以上に頑張りたいです!

 

今年のCAブログの更新は今回が最後です。

2019年も私たちCAは元気いっぱい活動していきますのでお楽しみに~。

 

今年も残すところあと少し!気合を入れて頑張っていきましょう!

それでは、良いお年をお過ごしください!

以上、じんでした(´∀`*)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11