ホーム > キャンパスアテンダント > CA Blog

CA Blog

Blog - 日常

4年間*あんりば

 

みなさんこんにちは。

CA4年のあんりばです!

 

さて、前回ブログを投稿したCAと同じく、わたくしあんりばのブログ投稿も今回がラスト!

私のファンのみなさんには申し訳ありませんが、(笑)

 

実は私、大学の4年間ずっとCAをやっていたんです。

卒業が近づき、CAの4年間を振り返り

「あぁ、あんなこともこんなこともあったなぁ」と感慨深い気持ちになっております。

特に今年度は2回の実習、卒論、就活と目まぐるしい生活を送っていたのですが、

そんな私が最後までCAでいられたのは、間違いなく『仲間』がいたからだなぁと感じるのです。

 

やりたいことを途中で諦めなくて本当に良かった。

私はとっても欲張りなので、大学4年間でやりたいと思っていたことを全て叶えちゃいました。

もちろんそれは、たくさんの人たちに支えてもらって!です。

 

いつも一緒にいると当たり前のように感じてしまいますが、自分のまわりにいる人たちの存在ってとっても大きなものだなぁと思います。

たくさんの『ありがとう』を胸に来年度からの新生活、頑張りたいと思います!

 

それでは、お世話になりました!!

 

CAのみんな『ありがとう』

CAでの活動で関わってくださったみなさま『ありがとう』

CAの活動を支えてくださったみなさま『ありがとう』

岩手県立大学『ありがとう』

 

 Lあんりば.png

 

 

 

 

つまりはこの一言です!  *ともちん

 

こんにちは~

Campus Attendant 4年の ともちん です!

 

国家試験も無事に終わり、本当に卒業間近になりました!

もう学生生活が終わってしまうと思うと、どことなく寂しさも…

 

思い出いっぱいのキャンパスライフ

わたしにとってCAの活動はとても大きなものでした!

 

高校2年生でCAと出会い、かっこいいCA先輩方に励ましてもらい、背中を押してもらって合格を決めた高校3年生の秋。

(CAとの出会いからもう6年です!ふしぎな気持ち・・・笑)

 

やりたいことがいっぱいあった大学1年生は、勉強に CAに アルバイトに ボランティアと、とにかくチャレンジの年でした。

このアグレッシブさは若さあふれる1年生の特権ですかね!

 

90分間の授業でもへっちゃらになったのは2年生くらいかな~笑

大学独特の課題・試験にもCAの活動にも慣れてきました。

 

3年生では、実習(専門的な現場での学び)があり、より専門的な学びに。

実習の準備が忙しく、へとへとな時期もありましたが、

CA活動を通じて、CAの仲間や来てくれた高校生との交流が楽しくて楽しくて!!

元気をたくさんもらいました!

 

そして今、4年生です!この1年が一番あっという間でした。

オープンキャンパスや大学祭、授業やアルバイトなど、これまでやってきた活動も

「あぁ、もう最後なんだなぁ」「もうすぐこれもできなくなるのかぁ」と思うと感慨深いものです。

先週、CAで1年の総まとめとなる反省会もありました。

みんなの成長を感じ、一人で微笑ましく感じていた ともちん です笑

 

こうやって思い出してみても、いろいろありました。

大学4年間で、どれだけ成長できたかな?

 

少なくとも「4年前より今の自分の方が好きだ」と、自信を持って大きな声で言えるくらいには成長できたと思います!

先輩・同輩・後輩、職員さんや先生、高校生や地域の人たちに

楽しさを教わり、エネルギーをもらい、(ときには失敗もしたし、泣いたこともあったけど…)

ここまで心も身体も大きくなりました!笑

 

『出会いに感謝』

この言葉に全てがつまっている感じがします!

 

もし、岩手県立大学を志望してなかったら…

もし、CAでみんなに会えてなかったら…

どんな風に2019年の2月を過ごしているのかな?

 

そんな風に考えると、いつもより周りの人の存在がとても大切に感じられますね!

やはり『出会いに感謝』ですね!!

 

みなさんも、辛いことも楽しいことも共有できる周りの人たちを大切に、今できることにどんどんチャレンジしてください!

CAは、がんばりたいと思っているあなたをいつでも応援します!

 

最後に、私の大学生活を支えてくれた岩手県立大学の四季をお届けします~

 

 tomotinn.png

大学生活 *れっぴ

 

こんにちは!

CA4年のれっぴです!

 

前回の投稿は5月のこと。

大学4年生になって信じられないとか言ってました。

今はもう卒業まで残り2か月となりました。

信じられません!!!

本当にあっという間の4年生、あっという間の4年間でした。

 

4年間はとても色濃いもので自分自身にも様々な変化がありました

特に4年生は就活、卒論、資格試験など乗り越える壁が大きく、がむしゃらに生きていたなあと感じます。

(現段階でまだ、卒論と資格試験との闘いは終わっていません☆)

 

 

そんな中で最近よく感じるのは、

今、日常と感じているこの状況はとても価値のあることなんだな~ということです。

今は、大学に行けば友達に会えて、廊下で会えば後輩が声をかけてくれる。

社会人になったら、当たり前に会えた人たちとなかなか会えなくなる。

 

とても寂しい!!!

もっと遊んでおけばよかったなあ、もっと話したかったなあとか

たくさん思うところがあります。

だから皆さんは、「今」を大切にしてください。

会いたいと思ったら会う、話したいと思ったら話す。

やりたいことをやりたいときにできるのは学生の特権だと思います。

岩手県立大学での4年間は、とても充実したものでした。

 

こうやってなにかの「終わり」を考えるとしみじみしてしまうけれど、

もうすぐ新しいことが「始まる」と考えると少しワクワクします。

 

社会人、不安でいっぱいだけれど自分自身大きく成長できたらなと思います!

それではこのへんで!

れっぴでした~ありがとうございました(^^)

れっぴ1.jpg

冬休みももう終わり*あいみー

はじめまして!

総合政策学部、CA1年のあいみーです。CAブログはお初です(^^)/

 

みなさんはまだ冬休み中でしょうか?

岩手県立大学では1月7日から学校が再開しました~。悲しいTT

私が高校3年生のころは冬休み中もずっと課外ばかりでした。懐かしいです。

 

センター試験ももうすぐですね。今まで積み重ねてきた実力発揮できるように頑張ってください!模試の判定はさほどあてになりません!(?)

 

大学生の冬休みはというと、私はアルバイトと課題をやってました。いつもの休日とあまりかわらないという。笑

 

年末年始は私の実家である一関市に帰省しました!

家族全員が久しぶりに集合して楽しい時間をすごしました♪

久しぶりに見た姪っ子がだんだんと喋れるようになってきてびっくりしました。

 

あいみー.png

 

写真は実家の愛犬と雪だるまを作って遊んでいる画像です。せっかく大きくした雪玉を愛犬に食べられてます。笑 けど可愛いから許す!

 

地元を離れてから家族や愛犬、友達に会えない日々がとても寂しいです。

高校生の方で今年から地元を離れる皆さん、ぜひ家族や友達との残りの時間を大切にしてくださいね~。

 

それと宣伝です!!

1月27日(日)にアイーナキャンパス7階で岩手県立大学合格者向けのCAカフェを行います!

ぜひ参加していち早く友達をゲットしませんか??

みなさんが楽しめるように、いろんな企画を準備してお待ちしています!

 

それでは、体に気を付けて今年も頑張っていきましょう!

以上、あいみーでした!

新年、あけましておめでとうございます*はやとん

2019年一発目のブログ記事を担当させて頂けるとのことで大変光栄です。

皆さんはどのように年末、お正月をお過ごしになったのでしょうか。私の場合、兵庫県の実家には帰省せず、殆ど一人でこの冬休みを過ごしておりました。私の友人たちは大学生にも関わらず、沢山お年玉を貰えたようで大変うらやましい限りです。と言うのも、私の家系では高校を卒業したらお年玉は無しというルールがあるからなんですよね。それが理由で帰省しなかった訳ではないのですが、実家は物理的に遠いし岩手でやり残した仕事が沢山あったので、やはり帰るのは困難でした。そんな年末の暮らしぶりを記事にしようと考えていた私ですが、よく考えてみると読者が求めている情報というのは私の普段の暮らしぶり等では無くて、大学についての情報ですよね。

ということで、大学のホームページ等には書かれていないような大学の情報を、私の視点で紹介していきたいと思います!

 

私は大学というものは、一種の街だと考えています。街には図書館やレストラン、レジャー施設と言った様々なものがあるように、大学にも様々な人間や施設が存在しています。その中でも特に私が気に入っているのがソフトウェア情報学部の研究室です。(2019年度から体制に変更があります。詳しくは学部のHPへhttp://www.soft.iwate-pu.ac.jp/)、研究室は街に例えるなら家です。何ができるかというと何でもできます。最近だと2vs2で試合できるサッカーロボットを開発していたのですが、部屋が広いのでロボットを自由に走らせたりしていました。そのロボット達は1月5日に開催されたロボットの大会に出展し、見事2位とプレゼン賞を頂くことができました。このように私は第二の家として研究室を利用しています。

 

次に紹介するのは岩手県立大学の大学生についてです。大学のホームページやパンフレットには大学生の声がしばしば掲載されていますが、その人達は大学で特に際立っている存在です。実際にはもっと多種多様な人がいます。例えば、バイトに明け暮れている人、常に勉強や研究している人、陽キャ、髪色がカラフルな人等々。入試形態も一般、推薦、AO等いろいろあるのでいろんなタイプの人間がいます。大学は一種の街というのはこの様な意味合いを込めてです。また高校生の頃だと大学に合格すること=ゴールと考える人も多いかもしれませんが、大学入学後に皆さん自身も大学を築き上げていくことがこれから求められます。それはつまり自己のアイデンティティを確立することや自身だけの得意分野を持つことに他なりません。そのために、私は常に思考すること、手を動かすこと、アウトプットすることを大切にしています。皆さんも今一度、自身のことについてよく考えてみてください。

 

次に私が最近一番凄いと考える岩手県立大学の良いところを紹介します。それは、学食です。学食の晩御飯には鍋がでます。学食で鍋。しかも味は日替わり。滝沢市の冬は寒いですが、鍋を食べると心も体も温まります。私は一人暮らしで特に自炊をしないので、とてもありがたいです。個人的にはきりたんぽ鍋がお気に入りです。私はきりたんぽというものを人生で一度も口にしたことがなかったので、非常に感動しました。学外の方でも学食を食べることはできますので、興味がある方は是非一度お越しください。

 

これで最後になりますが、岩手県立大学は小規模ながらも、自分のやりたいことを好きなようにできる良い大学です。金銭面でもです。例えば、新しい事業を始めるときに最大30万円まで支援して頂ける「Eプロジェクト」という制度があります。私はこの制度を利用して4月から小中高校生向けのロボット教室を開催します。大学生の皆さんも、「俺が大学を変えてやる!」くらいの意気込みで色んな事に挑戦してみてください。

 

大学生なのでいくら失敗しても問題ありません。挑戦することが大事です。私が伝えたいことは以上です。

今年も頑張りましょう!!^^