ホーム > キャンパスアテンダント > CA Blog

CA Blog

Blog - 日常

自分にしかわからない特別な「性質」*こえだ

社会福祉学部社会福祉学科4年のこえだです(^_^)

CAをはじめてはや4年目。大好きな同期&可愛い後輩たちと、高校生のお役に立つために、最後の1年頑張ります!!

 

さて、久々のブログですが、どうぞおつきあいください。

 

昨年私は、自分の性格を形成した要因を知りたい!と思った時期があり、ネットやYouTube、本など、様々な媒体に触れてみました。

その結果、自分自身をよく知れる手引きのような本に出会いました。

それが、「『気がつきすぎて疲れる』が驚くほどなくなる『繊細さん』の本」

(武田友紀著、株式会社飛鳥新社 http://www.asukashinsha.co.jp/bookinfo/9784864106269.php)です。

 

「繊細さん」?なんだそりゃ?はい、そう言われると思いましたー(笑)

 

この本では、「繊細さん」の、相手の感情、光や音などあらゆる情報(いいものも悪いものも両方)をキャッチできるが、

低刺激なことでも大きな衝撃になりかねない、という心の仕組みについて書かれています。

 

私はこの本を読み、紹介されている様々な事例に実感を持って共感したことで、「私って繊細なんだ!」と気づきました。

また、同じような思いや感じ方をしている人が自分以外にもいるとも知りました。

そして、これまで傷つき、悲しい思いをしてきた経験が、「繊細な自分」を私自身が認識していなかったことによるものだったと理解しました。

 

具体的に例を1つ挙げると、

近くに不機嫌な人がいると、その感情が伝わって、心臓がどきどきし、胸が苦しくなる。

(手荒くお皿を洗い場に置く音、ドアを閉める音など、動作から感情が伝わってくる。)

 

この本を読む前は、どうしてこんなに人の気分や言葉、感情にすぐびくびくしてしまうんだろう・・・。と思っていました。

両親や先生からは「気が弱い」「すぐ泣く」と小さい頃から言われていたので、「私の心が弱いからなんだ」と自分を責めていました。

でも実際は、心が弱いのではなく、周囲から受ける情報を人一倍受け取りやすい敏感なセンサーを生まれつき持っていただけだったんです(笑)

 

それと同時に、繊細だからこそ、他の人には見えていない気づけない世界に生きていることも分かりました。

色や臭い、音、小さなものの動き、変化をじっくり味わえるから、特別何をしたわけでも無いのに、心が満たされるのだと気づきました。

私にとっては、四季や天候で変わる空気の香りや、生き物の成長、映画に出てくる細かな演出など、微妙な変化が味わい深くてたまらないです(^_^)

 

外を歩いていれば、誰よりも早く虹に気づくし、知り合いがいたら相手が気づくよりずっと早く私の方が相手の存在に気づきます(笑)

だから挨拶するタイミングにいつも迷ってしまう(笑)

 

自分の「性質」を知ると、欠点(欠点とは表現したくないのですが分かりやすく欠点と表現)だと思っていたことが大きな強みであり欠点と表裏一体だったことに気づきます。

そして、欠点を大切に守れるような対策をとることが可能になります!

 

今私は、自分にとって良いものをたっぷり感じられるよう、こんな対策をしています(^_^)

・人が多いところでは耳栓で音を遮断、だて眼鏡で視界を狭めて過剰な情報の流入を防ぐ。

・センサーが反応しても「反応してるけど、無視」と受け流す。

こういうことをしてみた結果、人の感情や環境からいらない影響を受けることが減りました。

機嫌の悪い人が近くにいても、今は何にも思いません(笑)

 

結局何が言いたかったのかというと、自分の「性質」を積極的に理解しようということです。

理解すれば、他の人には無い強みに気づき、自信を持って自分を大切にできるようになると思います。

そして、もっと生きやすくなるよう、欠点への対処法を実践出来ます。

 

今よりも気持ちよく生活するために、「性質」を知る、やってみませんか?(^_^)

 

長くなりましたが、今日の内容は以上です。

それではまた!

じん流気分転換のススメ*じん


皆さんこんにちは!ソフトウェア情報学部3年 じんです!
CAブログもおよそ半年ぶり、5回目の登場となります。時間が経つのは早いですね〜。

さて、前期の授業が始まってから2週間が経過しました。ようやくオンライン授業にも慣れてきたかな?といった感じですが皆さんはどうでしょうか?
今月22日には対面授業が再開されるということで、友達と会えるのがとても楽しみです!
とはいってもまだまだ予断を許さない状況です。気を引き締めて生活していきたいですね。

ここからが本題ですが、今までと違うスタイルの学習方法を取り入れざるを得ない状況で、少しモチベーションを保ちづらくなっている方もいると思います。

そこで、今回は私が実際に行なっている気分転換術を3つほど紹介したいと思います!
慣れない環境で勉強していて少し疲れてしまったあなた!CAブログを読んでくださっているあなたへ、少しでも参考になれば幸いです!

 

1つめは部屋で運動することです!
本格的な運動は流石にできませんが、簡単な有酸素運動や筋トレは家でもある程度できたりします。
Youtubeで調べてみるとお手軽な運動の動画がたくさん出てきます!みなさんも画面の前で運動してみてはいかがでしょうか?

 

2つめは溜めてた本を読み漁ることです!
私は買って満足してしまうタイプの人間なので、本を買ってもなかなか読みきらずに溜めてしまう癖があります…(笑)
場合によっては年単位で放置してしまうこともありますが、折角の機会ですし気分転換も兼ねて読み漁ってます。

もし手元に本がなくても、電子書籍などで自分の世界を広げてみるのも一つの気分転換に繋がるので、是非試してみてください!

(著作権などの関係できちんとお見せできず残念ですが、気になる本があればぜひ調べてみてくださいね!)

 じんpic.JPG

 

3つめは部屋の掃除をすることです!
やはり自宅にいる時間が長いと、部屋も散らかってしまいがちです(私だけでしょうか…笑)
一旦自分の周りを見渡してみて、部屋をスッキリさせてみましょう。掃除は面倒臭いかもしれませんが、終わった後の達成感・爽快感は気分転換に繋がりますよ!是非やってみてくださいね〜。

さて、今回は私の気分転換術について紹介させていただきました。
もちろんこれ以外にも気分転換の方法は色々あります。自分に合った方法でリフレッシュしてみてください〜。

それでは、またどこかでお会いしましょう!
以上、じんでした!またね〜。

本気で買ってよかった!大学生活必需品3選!*ぐっぴー

 

みなさんこんにちは!

社会福祉学部2年のぐっぴーです!

 

今回は私が大学生活を過ごしていて本当に買ってよかった!と思えるグッズについてランキング形式で発表しようと思います!!

 

大学生って普段何を使っているか気になりませんか?

私は高校3年生の春休みに大学生の持ち物について調べまくった記憶があります…

今回紹介するグッズは私が大学に1年間通っていて「持っててよかった~」と思えたものなので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

 

では早速発表しちゃいましょう!!!

まず第3位は!

「パソコンが入る大きさのトートバックorリュック」です!

 

私がトートバックを選ぶ際に重要だと感じたことは「パソコンが入る大きさか」「どんな服装にも合わせられるか」ですかね…。

大学生はパソコンを持ち運ぶことが多いんです!!

それに加えて、人によってはお弁当や水筒、ポーチなども持ち運びます。

なのでパソコンがすっぽり入るようなサイズのものをおすすめします!

 

毎日私服で過ごすということも大学生になったからできることですよね!

私は毎日服を選ぶのが大変で大変で…おしゃれなみなさん尊敬します(笑)

トートバックを自分の服装や季節に合わせて変えられればいいのですが、なかなかそういうわけにもいかないですよね。

なので、シンプルな色味のものを選ぶといつでもどんな服装でも合わせられるかと思います!

 

 

次に第2位!

「スケジュール帳」です!

 

大学生は普段の授業の予定のほかに、遊び、サークル、バイト、インターンシップなど多くの予定があるので頭で覚えておくのは不可能です(笑)

私の友達も全員持っているほどスケジュール帳は超重要グッズです!!

スケジュール帳には紙とアプリがあるので自分に合ったものを使っています。

私は自分の字が苦手なのでアプリを使っています(笑)

でも紙の可愛いスケジュール帳を使うのもいいですよね!!

 

ぐっぴー1.jpg ぐっぴー2.jpg

この2つは私が実際に使っているアプリです。

左がスケジュール管理のアプリ、右が時間割とToDoリストを作成できるアプリです。

参考までに!

 

 

そしてそして第1位!!!

「パソコン」です!

 

第3位のところで少しネタバレしてしまいました(笑)

私に限らずどの大学生に聞いても1番の必需品はパソコンだと思います。

私は大学に入る前は、大学内にもパソコンがあるから自分用のノートパソコンは買わなくていいかな~なんてことを思っていました。

浅はかでした…。

大学生はあらゆるところでパソコンを使います。テスト期間には多くの教科でレポート提出が求められます。

なので、空いてる時間にいつでもパソコンを使える状況を作ることをおすすめします!!

 

 

以上「本気で買ってよかった!大学生活必需品3選!」でした!!

少しでもお役に立てると嬉しいです!

大学受験の相談はもちろん、大学生活の質問なども私たちCAに気軽に聞いてくださいね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それではまた~!

部活動を頑張ってきたあなたへ*のんつー

こんにちは!

看護学部4年ののんつーです!

 

5月18日より岩手県立大学では全ての学部で遠隔授業が始まりました~。

慣れない操作に戸惑いもある中、それぞれが日々の学修を頑張っているところです!

 

そんな中、実は看護学部の4年生のみ特別に大学に通学して学内実習を行っています。

本来、4年生の5月~7月は病院等に行って実習を行う期間なのですが、

新型コロナウイルスの影響で病院での実習を行うことができなくなってしまいました…。

そこで、病院での実習の代わりに、大学内で技術の練習をしたり実習指導を受けたりする『学内実習』を通して、

看護の勉強を行っている、というわけなんです!

※感染対策のため、マスクの着用や換気、机や椅子などの消毒を念入りに行っています!!

 

というわけで、先日通学した際に撮影した大学の写真がコチラ↓

のんつー2020.jpg

 

最近は涼しいなーなんて思っていたら、一気に夏のような天気になりましたね(^_^;

おかげで空の青さと木々の緑がとってもきれいな写真が撮れました♪

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、今日は部活動のお話をしたいと思います。

皆さんは何の部活動をしていますか?

私は高校時代、吹奏楽部に所属していました。

私は部活大好き人間だったので、高校3年間は勉強よりも部活のことで頭がいっぱいだったことを覚えています(笑)

私の部活は引退が8月とやや遅く、高3になって受験を意識し始めた時には不安もありましたが、

結局最後まで部活人間として駆け抜けました。

 

今年度は新型コロナウイルスの影響で各種大会が中止になり、

やるせない気持ちになっている方がたくさんいると思います。

私も部活人間だったので、連日のニュースを見て本当に悔しい思いでいっぱいです。

これまで目標として頑張ってきた「大会」というゴールがなくなってしまって、なんとなく頑張れない、

という方もいるのではないでしょうか…。

 

ですが、これまでの努力はどこかで大きな力になる、と私は思います。

私は部活を通して、自分に自信が持てるようになりました。

自信を持つことで、私は自分の行動力が高まったと感じています。

また、推薦入試の際には部活動の経験を自己アピールとして伝えることができました。

 

「努力は必ず報われる」という言葉がありますが、報われるのが努力のすぐ先にあるとは限りません。

ですが、努力した先の先にはきっと花開く瞬間があると思っています。

今は辛い状況が続いていると思いますが、これからもっと幸せなことが待っています!

先の明るい未来に向かって、今できることを全力で頑張りましょう!!

 

どうか1日でも早く、皆さんに日常が戻ることを願って。

のんつーでした!

(最後まで読んでくださった皆さん、ありがとうございました!!)

自宅にいてもできること*じゅっちゃん

皆さんこんにちは!

 

じゅっちゃんです。

私の肩書は岩手県立大学大学院ソフトウェア情報学研究科1年です。

そう!

つまり大学院生です。

 

大学院生がこのブログに登場するのは初めてです!

最後まで読んでもらえると嬉しいです!

 

さて、現在新型コロナウイルスが全世界で流行しています。

みなさんどうお過ごしでしょうか?

外出を自粛して家にいる人が多いのではないでしょうか?

 

暇ですよね。

 

そこで僕がおすすめする、今後絶対役立つ、パソコンが一台あれば家でできる活動をご紹介します。

 

それは"パソコンのタイピングを正確かつ速くする練習"です。

タイピングとはパソコンのキーボードを打ってテキストを入力することです。

 

「なんでおすすめするの?」って思う方が多いと思います。

 

今、パソコンはどの仕事でも使用します。

タイピングのスピードが速いと、書類を作る仕事が早く終わります。

また、大学生はレポートを手書きではなくパソコンで作って提出することが多いです。

課題を終えるスピードも速くなります。

 

以上のことから、タイピングを速くする練習はみんなが行った方がいいです。

 

じゃあどうすれば速くなるのか。

私は“コツを覚えること”と“練習すること”の2つだと思います。

 

おすすめのコツは2つです。

1つ目はひとつひとつのキーと指の位置を覚えることです。

例えばAのキーは左手の小指、Jは右手の人差し指を使って打つなど基本的な決まりがあります。

2つ目はできるだけキーボードを見ずに打つことです。

見るとキーの場所を覚えませんから。

他にもたくさんコツがあるので、インターネットで検索してみてください。

 

あとは練習あるのみです。

練習するためのアプリ等はネット上にたくさんあります。

私は"寿司打"というサービスを使って成長しました。

他にも"e-typing"というサービス等もあります。

 

最後になりますが、緊急事態宣言が出され、日本は大変な状況にあります。

これを乗り越えるためにも、今は家で過ごす時間を充実させてみませんか?

そして、興味があれば是非タイピング練習をしてみてください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

ほんま、おおきに!