ホーム > 新着情報

イベント情報

 このたび、本年度非常勤講師としてお越しいただき、我が国の発達障害や知的障害の心理・教育・福祉研究において、長年に亘り多くの功績を残されてきた前川 久男先生(筑波大学名誉教授/いわき短期大学教授)から、ご講演いただくことになりました。

 岩手県内の福祉・教育・心理の現場に従事されている方、本学社会福祉学部卒業生、研究科修了生他、関心のある方はどなたでもご参加いただけます。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

  日 時  平成30年1月28日(日)10時00分~11時30分(開場9時30分)

  会 場  岩手県立大学(滝沢キャンパス)講堂

  参加費 無料(事前申し込み制・先着400名)

  演題 発達障害、知的障害に向き合うとき、家族・支援者として大切なこと

      ‐Vygotskyの知覚と行為が情動により統一されたものとしての意味から‐

20180128koukaikouennkai.jpg



 平成29年10月25日~26日に開催された「メディカルクリエーションふくしま」に出展した本学の看護演習機器の研究開発の取り組みが、医療機器業界関連のポータルサイト「Medtec Japan Online」にて、紹介されました。

 掲載記事では、看護学部 三浦奈都子講師とソフトウェア情報学部 村田嘉利教授が出展した2つの研究テーマについて紹介されています。

 詳細はこちらをご覧ください。



 平成29年12月7日(木)~9日(土)東京ビッグサイトにて「エコプロ2017」が開催され、本学から3つの研究テーマを出展しました。
開催期間中には本学ブースにも300名超の方が訪れ、研究に取り組んでいる教員や学生と、活発な意見交換がなされました。

「エコプロ2017」出展報告詳細はこちらをご覧ください。



 岩手県立大学いわてものづくり・ソフトウェア融合テクノロジーセンター(i-MOS)では、ものづくりとソフトウェアを融合したものづくり現場の人材育成のために、
高度技術者養成講習会「AEC Collectionでi-ConstructionとVR体験!」を開催します!

 CIM(Construction Information Modeling)は国土交通省により推進されている、i-constraction(建設業務の効率化)の中で導入が進んでいる土木分野の3次元可視化、施工管理の取組みです。
本研修ではCIM対応ソフト「Autodesk AEC Collection」の基本操作をメインに最新の各種ソフトを連携した下記の演習・学習を行います。

・ドローン空中写真からの点群作成・処理
・3次元設計データ作成・出来形管理帳票作成
・パース作成・動画作成・VR化 等

 12月13日-14日開催の『VR対応、最新設計手法BIMとは!』の建築分野の3次元設計の講習会に続いて、土木分野での3次元設計の講習会です。
皆様の積極的な参加をお待ちしております。

 「AEC Collectionでi-ConstructionとVR体験!」の申込・詳細はこちらからご覧ください。詳細はこちら



 本学では、産学公連携による研究開発並びにその実用化等によるイノベーション創出を目指した取り組みを推進しておりますが、この度、東北総合通信局、東北経済産業局、科学技術振興機構の協力により、平成30年度における国の施策・支援策(地域情報化、産業振興・地域活性化、科学技術振興)についての説明会を開催いたしました。
説明いただく施策・支援策は、研究機関向けだけでなく、企業の皆様がご活用いただけるものも含まれておりますので、多数のご参加をお待ちしております。

◇開催日時
 平成29年12月22日(金)13:00~16:00

◇内容
・ 東北総合通信局
  地域情報化に関する技術施策・SCOPE(戦略的情報通信研究開発推進事業)等説明会
   (40分、13:00~13:40)

・ 東北経済産業局
  産業振興・地域活性化に関する技術施策・補助等説明会
  (NEDOや中小機構の施策含む)
   (40分、13:45~14:25)

・ JST(科学技術振興機構)
  科学技術振興に関する施策・補助等説明会
   (40分、14:35~15:15)

・ 個別相談会 (45分、15:15~16:00)

◇会場
 滝沢市IPU第2イノベーションセンター

◇参加費
 無料

◇対象
 企業、官公庁、大学関係者など

◇申込期限
 平成29年12月19日(火)

※説明会詳細・お申込み方法はこちらをご覧下さい。



このページのトップへ