ホーム  > 学生生活  > 障がい等のある学生に対する支援について

障がい等のある学生に対する支援について

障がい等のある学生に対する支援について

特別支援コーディネーターの配置

  岩手県立大学では、身体障がいや発達障がいなど、障がい等のある学生に対する支援を充実させるため特別支援コーディネーター」を配置しています。

  特別支援コーディネーターは、特別な支援を必要とする学生に対し、相談・助言を行うほか、学内支援体制の整備を図り、関係教職員と連携しながら、修学等に関する必要なサポート・調整を行います。

フローチャート2.png

 

支援内容の例

   ○ 脳性麻痺により筆記に時間がかかる ⇒ 試験時間の延長

   ○ 聴覚障がいがあり講義を聞き取れない ⇒ ノートテイク(要約筆記)

 ○ 発達障がいのため課題の優先順位がつけられない ⇒ 定期面談・学習サポート   

   ○ 就職活動が不安  ⇒ 障がい者採用の情報提供                      etc

    *支援内容は、学生の状態やニーズ、大学の状況等によりケースバイケースで異なります。

 

支援の流れ

 1 支援の申請

   支援を希望される場合は、支援申請書を提出していただきます。

 2 面談  

   対象学生と特別支援コーディネーターが面談を行い、学生の状態やニーズの把握等を行います。 

    審査・決定   

     支援の必要性が認められた場合、支援内容等の決定を行います。

   4 支援の実施・フォロー  

   支援を実施するとともに、その後も必要に応じフォローを行います。

 

個人情報について

  学生の個人情報は、支援に関係する教職員間でのみ共有します。

 

相談窓口

 ○ 時間 : 平日 9:00 ~ 17:00

 ○ 場所 : メディアセンターB棟2階 学生サポートサロン

 ○ 電話 : 019-694-3503(直通)

 ○ E-mail : seto_h@ipu-office.iwate-pu.ac.jp

  *予約不要(直接お越しいただくか、電話・メールによりご連絡ください。)