ホーム  > 学生生活  > 障がい等のある学生に対する支援について

障がい等のある学生に対する支援について

障がい等のある学生に対する支援について

特別支援コーディネーターの配置

  岩手県立大学では、身体障がい、発達障がい、各種難病など、障がいや疾患のある学生に対する支援を充実させるため特別支援コーディネーター」を配置しています。

  特別支援コーディネーターは、特別な支援を必要とする学生に対し、相談・助言を行うほか、学内支援体制の充実を図り、関係教職員と連携しながら、修学等に関する必要なサポート・調整を行います。

フローチャート2.png

 

支援対象者

 身体障がい、精神障がい(発達障がいを含む)、各種疾患のある学生
 (*障がい者手帳の有無は問いませんが、診断を受けていることが要件になります。)

  

支援内容の例

   ○ 脳性麻痺により筆記試験に時間がかかる ⇒ 試験時間の延長

   ○ 聴覚障がいがあり講義を聞き取れない ⇒ ノートテイク(要約筆記)

 ○ 発達障がいがありスケジュール管理や発表が困難 ⇒ 定期面談・個別発表対応

 ○ 病気のため、定期通院が必要 ⇒ 定期通院に伴う欠席への配慮

   ○ 就職活動が不安  ⇒ 学外支援機関の紹介・連携支援                 

 ○ 学内でゆっくりと休憩したい ⇒ 学生サポートサロンの利用         etc

     *支援内容は、学生の状態やニーズ、大学の状況等によりケースバイケースで異なります。

 

支援の流れ

 1 支援の申請

   支援を希望される場合は、支援申請書と障がい等を証明できる書類(例:手帳の写し、診断書、医療受給
   者証等)を提出していただきます。

 2 面談  

   対象学生と特別支援コーディネーターが面談を行い、学生の状態やニーズの把握等を行います。 

    審査・決定   

     支援の必要性が認められた場合、支援内容等の決定を行います。

   4 支援の実施・フォロー  

   関係する教職員が連携のもと支援を実施し、その後も必要に応じフォローを行います。

 

個人情報について

  個人情報は、支援に関係する教職員間でのみ共有します。

 

相談窓口

 ○ 時間 : 平日 9:00 ~ 17:00

 ○ 場所 : メディアセンターB棟図書館正面向かって右手)地上階 学生サポートサロン

 ○ 電話 : 019-694-3503(直通)

 ○ E-mail : seto_h@ipu-office.iwate-pu.ac.jp

  *予約不要(直接お越しいただくか、電話・メールによりご連絡ください。)

 

その他

    岩手県立大学では、平成28年4月に施行された「障害者差別解消法」の規定に沿って、障がいのある学生に対する教職員の対応規範として「岩手県立大学教職員対応要領」を定めています。詳細は下記の添付ファイルをご参照ください。

 また、車いす利用の方向けに、滝沢キャンパスに関するバリアフリーマップを作成しました。こちらにつきましても下記ファイルをご覧ください。 

  岩手県立大学教職員対応要領.pdf    バリアフリーマップ(滝沢キャンパス).pdf