ホーム  > 大学案内  > 大学の教育研究上の目的

大学の教育研究上の目的

学部

看護学部

看護の実践を基本とした高度な専門的知識・技術、幅広い教養とともに、看護の援助を必要とする人々の立場に立ち、科学的に判断し、主体的な看護を展開する能力を有する人材の養成を目的とする。

社会福祉学部

人間に関する普遍的価値の探求と、複雑化し構造転換する現代社会への対応をふまえた「人間性の尊重と福祉社会への貢献」を教育理念とし、人間科学の統合による社会福祉学という知と行動の体系を、さらに高度に構築し展開できる教育研究の構築を目標としながら、人間の尊厳に対する深い理解に立った高度な専門的学識・技術と、それを総合化して現実的な問題解決に結びつけられる学際的教養を身につけた人材の養成を目的とする。

ソフトウェア情報学部

コンピュータサイエンスに立脚し、地域に根ざした実学・実践の教育研究を通して「人に優しい情報社会」の実現に寄与できる次のような人材の育成を目的とする。
(1) 真に利用者の立場からソフトウェアの設計・開発のできる、深い知性と豊かな感性を備えたソフトウェア人材
(2) 将来的目標として、日本はもとより、世界に通用する独創的なソフトウェアを設計・開発できる人材及び大規模なソフトウェアを設計・開発・管理できる人材

総合政策学部

現代社会は複雑・高度化し、人々の価値観は多様化しており、私たちが直面する種々様々な諸問題は従来型の縦割的手法や解決策をもってしては的確な解決策を見出すことは困難であることから、これらの諸問題に対し、文と理にとらわれず、多面的で総合的な視点を備えた新しい手法や長期的な展望を身につけ、柔軟な解決策を見出すために総合的な対応ができる有為な人材の養成を目的とする。

 

大学院

看護学研究科博士前期課程

人々の健康問題や医療・看護に対する意識変化と医療・科学技術の進歩に対応することができる高度な専門知識、技術並びに倫理観を培い、様々な看護の実践と研究を通して看護学の発展と看護の質の向上を強く志向する、優れた看護実践者・看護管理者・看護教育者および研究能力を有する人材の養成を目的とする。

看護学研究科博士後期課程

博士前期課程の教育研究レベルをさらに高め、看護学の知識の蓄積に貢献する研究を独自に計画し遂行することができる研究者、確かな研究成果を基盤とした高度な技術を駆使する実践者、そして優れた看護を中心に医療の改善を推進することができる指導的実践者の養成を目的とする。

社会福祉学研究科博士前期課程

社会福祉領域の変化に対応した新たな福祉政策・社会福祉システムの開発や、多問題化する個別福祉ニーズの理解と問題解決に関わる深い識見と専門的知識・技術をもち、他の職種と連携しながら社会福祉現場をリードし、福祉の教育・研究と現場実践との橋渡しの役割を果たすことのできる統合的能力を有する人材の養成を目的とする。

社会福祉学研究科博士後期課程

福祉コミュニティを構築するための研究開発と、福祉に関する実証的な根拠に基づく実践理論・技法の研究とを二つの柱とし、複雑で多様な実践課題に対して柔軟かつ確実に取り組むことができ、社会福祉の領域に止まらない多面的なニーズに対応できる発展的視点で、研究テーマを再構築し、実証的なデータと結びつけながら具体的問題の解決に寄与する理論構成力を有する人材の養成を目的とする。

ソフトウェア情報学研究科

ソフトウェア情報学の観点から、現実社会における問題発見能力と実践的な問題解決能力を身につけた次のような人材の育成を目的とする。
(1) 情報関連企業の基盤ソフトウェア及び情報システムの開発において、現状の課題把握と解決ができる人材、あるいは、知能及びメディアを利用した新システム開発の課題を解決できる人材
(2) 一般企業の情報システムの企画、構築、運用において情報システム利用の立場から現状の課題把握と解決ができる人材、あるいは、知能及びメディアを利用した新システムの適用課題を解決できる人材
(3) 大学、企業においてソフトウェア情報関連分野の研究開発に従事できる人材

総合政策研究科博士前期課程

複雑化、高度化している現代社会の諸問題に対応し、グローバルな視座に立ってローカルな諸課題に取り組み、新しい地域づくりの政策主体となりうるような、総合的な政策の企画・立案・実施・評価に携わりうる、高度の知的かつ倫理的実践能力を備えた、いわゆる『高度専門職能』の担い手となる人材、及び将来研究職へと進みうる人材の養成を目的とする。

総合政策研究科博士後期課程

博士前期課程の研究・教育を一層高度化し、今日の課題に即応しうる、総合的・実践的な、かつグローバルでローカルな視点に立つ新たな政策科学を身に付けた高度な実践能力を養うことを通じて、将来研究者として自立して研究活動を行い、あるいはその他の高度に専門的な業務に従事しうる人材の養成を目的とする。

 

盛岡短期大学部

生活科学科

 

人間生活の「衣」「食」「住」に関する高度な技術と見識を持ち、さまざまな社会問題を解決して、かつ地域に対する貢献をなしうる能力を持った人材の育成を目的とする。

国際文化学科

西洋・アジア及び日本の多様な文化や交流の歴史を理解し、これを尊重する豊かな人間性と国際感覚を身につけ、また、異なる文化圏に生きる他者と正しくコミュニケーションできる能力を涵養することを通し、地域文化の振興及び国際化に貢献できる人材の育成を目的とする。

 

宮古短期大学部

経営情報学科

経営・会計学及び情報科学を総合的に教育することにより、実社会に有用な知識と確かな専門技術、職業人としての自信と豊かな教養及び情報の取捨選択能力と活用能力を身につけさせるとともに、広い視野に立つ国際性や地域のリーダーとしての資質を培い、社会に貢献する有能な人材を育成することを目的とする。