ホーム > 新着情報

保護者の皆様へ

令和3年度後期授業料減免の申請を以下のとおり受付けます。希望する学生は、①~③のいずれかの方法で関係する資料を入手して、期日までに必要書類を揃えて申請してください。
不明点等については、学生センター(学生支援グループ)または宮古事務局にお問い合わせください。

① 説明会に参加する。
② 本ページからダウンロードする。
③ 学生センター又は宮古事務局で入手する。

【 申請受付期間:令和3年8月2日(月)から令和3年9月21日(火)まで※ 期限厳守

◎ 令和3年度後期の授業料減免(納入期限の変更や分割納付の申請を含む)を希望する場合、必ず何かしらの申請が必要になります。
◎ 新たに修学支援新制度(給付奨学金)の申請を検討している方は、必要な手続き、提出する書類が多岐に渡ります。できるだけ「説明会」に参加し、早めに申請準備を進めてください。
◎ 既に修学支援新制度(給付奨学金)の対象となっている方でも継続の申請が必要です。10月以降の「支援区分」を確認したうえで、必要な申請を期限までにするようにしてください。

'

1 説明会について

(1) 対象
令和3年度後期の授業料減免(納入期限の変更や分割納付の申請を含む)を希望する方
・ 新たに修学支援新制度(給付奨学金)の申請を検討している方は、必要な手続き、提出する書類が多岐に渡ります。「説明会」にできるだけ参加し、早めに申請準備を進めてください。
・ これまでに授業料減免を受けたことがある方でも、説明会に参加することで、提出が必要な書類等についてあらためて把握し、早期に準備を進めてください。

(2) 日時及び場所
ア 令和3年7月30日(金) 12:15~12:45 
  共通講義棟306講義室
  (宮古キャンパス多目的講義室遠隔開催)
イ 令和3年8月2日(月)  12:15~12:45 
  共通講義棟307講義室
  (宮古キャンパス多目的講義室遠隔開催)
※ 2回とも同じ内容となりますので、どちらか1回に参加してください。
※ 昼食を取りながら参加可能です。

'

2 説明会時の配付資料について

 説明会に参加できない場合は、学生センター(又は宮古事務局)で資料を入手するか、以下からダウンロードして内容を確認してください。特に「令和3年度後期授業料減免申請要領 」については必ず内容を確認した上で申請準備を進めてください。申請に必要な添付書類についても申請要領の中に記載があります。

(1) 全員に配付する資料
ア 説明用資料(令和3年度後期 授業料減免・給付奨学金説明会)
イ 令和3年度後期授業料減免申請要領
ウ 「授業料減免等申請書(様式第1号)」及び「家庭状況調査書(様式第2号)」
エ 申請書(様式第1号及び様式第2号)の記入方法

(2) 修学支援新制度継続予定者にのみ配布
ア 大学等における修学の支援に関する法律による授業料減免の対象者の認定の継続に関する申請書(様式第7号)

(3) 給付奨学金新規申請予定者に配付
ア 大学等における修学の支援に関する法律による授業料等減免の対象者の認定に関する申請書(様式第6号)
イ 令和3年度給付奨学金申請手続きについて
ウ 給付奨学金案内 ※日本学生支援機構のホームページへのリンク
エ 大学等への修学支援の措置に係る学修計画書 
オ 「マイナンバー提出書」のセット ※ダウンロードできません。窓口で受け取ってください。

'

3 申請様式について

(1) 修学支援新制度(給付奨学金)に新たに申請する方
ア 「授業料減免等申請書(様式第1号)」及び「家庭状況調査書(様式第2号)」 
イ 大学等における修学の支援に関する法律による授業料等減免の対象者の認定に関する申請書(様式第6号)
ウ 大学等への修学支援の措置に係る学修計画書
※ これらに加え、以下の書類の提出も必要です。
・ スカラネット入力下書き用紙のコピー
・ 給付奨学金確認書
・ (1年生のみ)高校の評定平均値がわかる書類(調査書等)
※ 修学支援新制度の支援対象とならない場合でも、本学が独自に行う授業料減免制度で採用となる場合がありますので、必ず(3)の申請も行うようにしてください。

(2) 修学支援新制度(給付奨学金)を利用している方
ア 「授業料減免等申請書(様式第1号)」及び「家庭状況調査書(様式第2号)」  
イ 大学等における修学の支援に関する法律による授業料減免の対象者の認定の継続に関する申請書(様式第7号)
※ 令和3年度10月からの支援区分が「Ⅰ」であることが確認できている場合は、アの提出は不要です。
※ 令和3年度10月から「支援区分外」となることが確認できている場合、(3)の申請をしてください。

(3) 岩手県立大学が独自に行う授業料減免制度に申請する方
ア 「授業料減免等申請書(様式第1号)」及び「家庭状況調査書(様式第2号)」
※ 東日本大震災津波で被災した世帯の学生を対象とした制度に申請する場合、様式が異なります。このページからダウンロードするか、学生センターで受け取ってください。
 ≪ 授業料等減免申請書(震災減免用) 及びその 記入例
※ 申請には様式に添えて提出する書類が複数あります。令和3年度後期授業料減免申請要領 で必ず確認してください。
※ 留学生が作成・提出する「収支状況等申告書」はこのページからダウンロードするか、学生センターで受け取ってください。 
 ≪収支状況等申告書

(参考)提出書類一覧表



令和3年7月から8月にかけて、主に高校生とその保護者を対象に、スマートフォン、タブレット端末やパソコンを利用したオンライン(Zoomミーティング)による入試個別相談会を開催します。

詳細は、令和3年度オンライン入試個別相談会案内サイトをご覧下さい。



 令和3年度総会につきましては、新型コロナウイルス感染拡大の観点から、書面決議とさせていただき、

令和3年5月25日を締切として、オンラインにて回答いただきました。ご協力をいただきまして、

誠にありがとうございました。

 皆さまにご回答いただいた書面表決書について、結果を下記のとおりご報告いたします。

 後援会会員 2,181名   議決参加者 192名        

1号議案 令和2年度岩手県立大学後援会事業報告(案)収支決算書(案)及び留学生支援基金決算書(案)

承認する 承認しない
2,181 0

2号議案 令和3年度岩手県立大学後援会事業報告(案)収支決算書(案)及び留学生支援基金決算書(案)

承認する 承認しない
2,180 1

3号議案 令和3年度岩手県立大学後援会役員(案)

承認する 承認しない
2,180 1

上記のとおりすべての議案について過半数をもって可決されました。

なお、表決いただかなかった方につきましては、承認いただいたものとして取り扱っております。

 議事に関するご質問について

Q:第2号議案(P10)◆見舞金 東日本大震災の被災会員(令和2年度新会員に限る)は令和3年度に

  限るではないでしょうか?

A:ご指摘のとおり「令和3年度」が正しいです。

Q:収支決算書・[支出の部]の比較は、収入の部と同様に収入済額(B)−予算額(A)としたほうが分かりやすい

  と思いますが、なにか理由があるのでしょうか?

A:予算に対しての支出額と残額をお示ししたいため、予算額(A)-支出額(B)にしております。

Q:会議をリモートにするなど費用の変化はないのか?また、事業費にはあまり変化がないが、

  より学生に有効な使い方の検討とかはしていないのか?

A:会議をリモートに変更するなどの予定はないため、会議費は昨年度と同程度の予算額となっております。

  また、昨年度コロナウイルス感染症の影響で課外活動奨励金等の執行額が減額になったことから、

  新たに新型コロナ繰越会計を設け、令和5年度まで学部事業支援費と、就職対策費に加算して

  いくことにしております。今後もより学生に有効な使途について、検討を進めます。

 報告事項

令和2年度学生会活動等については こちら

令和2年度岩手県立大学の就職内定状況は こちら



令和4年度入学者選抜(令和3年度実施)に係る滝沢キャンパス内構内立入規制について掲載しました。

こちらをご覧ください。

皆様にはご不便をおかけいたしますが、円滑かつ適正な入学者選抜試験実施へのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。



業者主催入試相談会の実施日程情報を更新しました。詳細はこちらをご覧ください。