ホーム > 新着情報

【2014.11.9、22】「東北地方ESDプログラム チャレンジプロジェクト」優秀賞受賞及びシンポジウム開催

 このたび、環境省が実施する「東北地方ESDプログラム チャレンジプロジェクト」にて、総合政策学部の渋谷晃太郎教授がたきざわ環境パートナー会議と共同で行う「市民参加による外来種オオハンゴンソウの分布調査」に関する研究と取り組みが優秀賞を、本学の平塚明教授などが取り組む絶滅危惧種「ミズアオイ」の復活と保全活動が奨励賞を受賞しました!

 なお、優秀賞を受賞したオオハンゴンソウの取り組みをはじめとした外来種問題を考えるシンポジウムが、11月9日(日)にいわて県民情報交流センターのアイーナホールで行われますので、合わせてお知らせします。

 

『外来種問題を考えるシンポジウム -オオハンゴンソウを中心に-』

 知らない間に岩手県内の各地に広がってしまった外来生物「オオハンゴンソウ」を中心に、多くの市民に外来生物の存在や自然環境への影響などを知っていただくことにより、行政、市民、研究者が協力して今後の対策を考えるきっかけ作りをすることを目的としています。無料でどなたでもご参加いただけますので、お気軽にお越しください。

 1. 日 時 平成26年11月9日(日)13:30-16:30
 2. 場 所 いわて県民情報交流センター アイーナホール
 3. 参加料等 参加費無料・事前申し込み不要

※詳細⇒https://www.iwate-pu.ac.jp/whatsnew/2014/10/2014119.html

 

「東北地方ESDプログラム チャレンジプロジェクト」

 この賞は環境省が「持続可能な開発のための教育(ESD)」の視点を踏まえた環境教育や環境保全活動の促進に向けた施策の一環として実施したものです。

【東北地方ESD優秀賞】

 ■たきざわ環境パートナー会議いきもの探偵隊「外来種から生物多様性を考える」

【東北地方ESD奨励賞】

 ■岩手県立大学,ASIA Environmental Alliance,あさがおネットワーク


※東北地方ESDプログラム チャレンジプロジェクト
https://www.eeel.go.jp/env/tohoku_esd_challenge/index.php

https://www.eeel.go.jp/env/tohoku_esd_challenge/presentation/index.php

※環境省による報道発表資料
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=18913&mode=print

 

岩手県立大学 総管理者 (2014年11月 7日 17:26)