デジタルオープンキャンパスデジタルオープンキャンパス

社会福祉学部

社会福祉学部のことが
詳しくわかる動画はこちら

先輩メッセージ

吉田 理紗子さん
広い視座から福祉を学ぶ、人生に生かせる知識と技術を えたい 社会福祉学科4年 / 岩手県立不来方高等学校卒

吉田 理紗子さん

高校生の時の職業体験で、障がいのある方の就労支援をしながら一緒に作業する機会があり、福祉に興味を持ちました。なぜ自分や世間の人たちは障がいに偏見を持ってしまうのか……そんなことを考えていた時、入学案内パンフレットの社会福祉学部のページで「福祉は人の幸せを願う学問」という言葉を目にし、この学部で福祉を学びたいと強く思うようになりました。福祉政策系を選んだ理由は、福祉を取り巻く社会構造や社会的景に興味を持ったことから。福祉を広い視座から見ていくことに挑戦したいと思いました。現在は、女性の社会的役割をテーマに研究を進めています。学問としての学びだけでなく、これから人生を歩んでいく上で、自分の幸せを考えたり、人の手助けをする際に生かせる知識や技術を、この学部で蓄えられたらいいなと思っています。

 高橋 花音さん
豊富な演習や実習を通し多角的な視点や考え方を学ぶ 社会福祉学科4年 / 宮城県富谷高等学校卒

高橋 花音さん

海外の児童労働の話題などを目にし、中学の頃から児童福祉に関心がありました。オープンキャンパスで訪れた大学の雰囲気や学びの多彩さに惹かれ、入学を希望しました。大学に入って驚いたのは、グループワークや演習の多さ。講義を受け身で聴くだけでなく、学生同士で話し合ったり自分の意見を発表する機会はこれまでほとんどなかったので最初は緊張しましたが、さまざまな視点に触れられたり、自分にはない発想を得ることができています。またロールプレイを通して、支援する側だけでなく支援される側の視点が学べたのもいい経験になりました。一昨年まで代表を務めたアカペラサークルや、学習支援ボランティアサークルの活動を通し、多くの人に出会えたことも学生生活の財産です。将来は、この学部で学んだことを生かせる仕事に就きたいと考えています。

慶長 紗貴さん
同じ志を持つ仲間たちと過ごす充実した学生生活 人間福祉学科4年 / 宮城県仙台第三高等学校卒

慶長 紗貴さん

社会福祉士と保育士の資格を両方取得できることに惹かれ、この学部を志望しました。社会福祉士は広範な領域を取り扱いますが、もともと興味のあった児童関係についても学べることで、自分の強みにできるのではないかと考えました。子どもの虐待についてもっと学びたいと思い、3年生で三上ゼミを選択。虐待予防に貢献しうるような効果的な啓発活動などについても、研究してみたいと思っています。社会福祉学部は、学生と先生方との距離が近く、やってみたいことがあればどんどん挑戦させてくれる点も魅力です。私が代表を務めていたボランティアサークルで、小・中学生を対象とした学習室を開設したいと相談した際も、先生方が背中を押してくださいました。同じ目標や志を持つ友人たちと、恵まれた環境のなか学べる学生生活はとても充実しています。今できることに、今後も挑戦してみたいと思っています。

渡邊 拓未さん
目指すは公認心理師。次は、自分が支援する側に 人間福祉学科4年 / 北海道室蘭栄高等学校卒

渡邊 拓未さん

もともと医療系を目指していたため理系選択だったのですが、高校時代にスクールカウンセラーと話す機会があり、自分もこういう仕事がしてみたいと思い進路を変更。研究職というより実際に人と関わる仕事がしたいと思い、心理と福祉が共に学べるこの学部を選びました。現在の研究テーマは、「意識と無意識の関係について」。無意識的な思考では考える容量が増えるという研究があり、無意識的な思考をどう活用すればよりよい意思決定につながるのかなどを研究しています。理系だったせいか、脳科学系の心理学に興味を持っています。公認心理師の資格取得を目指しており、卒業後は同学部の社会福祉学研究科に進学を希望しています。将来は、かつて自分がスクールカウンセラーに助けてもらったように、次は自分が支援する側に回りたいと思っています。

よくあるご質問

+

A 社会福祉学科は、直接的な対人援助から、それを可能にする制度や政策までを広く総合的に学べるように構成されています。 3つの教育系に分けてありますが、教育系に分かれるまで、他の系の科目を自由かつ積極的に履修できるようになっています。他方、人間福祉学科は、社会福祉学の基礎の上に発達科学や心理学などの隣接科学を学び、人生のさまざまな段階における援助にそれを応用する力を習得できるよう構成されています。2つの教育系がありますが、それぞれが比較的独立したものになっています。

+

A 一般選抜の前期日程及び後期日程において第1志望の学科に入学した学生は、一定の条件を満たせば3年次に転学科することが可能です。学校推薦型選抜、帰国子女選抜、社会人選抜、私費外国人留学生選抜、総合型選抜、一般選抜(第2志望学科)による入学生は学科を変更することができません。※一般選抜では第1志望学科の他に第2志望学科を志願することも認めています。

+

A 学科や教育系の枠を超えた知識を幅広く学修することができ、学生自身の学習目的や将来の進路を展望することに利用できる制度です。学士課程(教育系と資格課程)とは異なる視点から体系的に学修するという意味で、教育系や資格課程の学修の補完的・付加価値的な位置付けとなります。学生が自身の学習目標を踏まえ、主体的に選択することが基本です。

+

A すべての資格を取得することはできません。
1)「社会福祉士受験資格」、「精神保健福祉士受験資格」は、社会福祉学科・人間福祉学科のどちらの学科でも取得可能ですが、「保育士資格」「公認心理師受験資格」は人間福祉学科においてのみ取得可能です。
2)複数の資格取得を希望する場合、可能な組み合わせは、(1)「社会福祉士受験資格」と「精神保健福祉士受験 資格」、(2)「社会福祉士受験資格」と「保育士資格」の2通りに限られます。
3)「社会福祉士受験資格」と「保育士資格」は単独での資格取得が可能ですが、「精神保健福祉士受験資格」については、「社会福祉士受験資格」とあわせて目指す必要があります。
4)「公認心理師受験資格」を希望する場合は、他の国家資格の取得はできません。また、学部で学ぶだけでなく、大学院への進学なども必要となります。

+

A 社会福祉士に対する社会的期待が高まり、その活動領域が広がる中で、病院や地域包括支援センターなど社会福祉士資格を必要とする職場が増えてきています。また、職場によっては資格手当がつくこともあり、資格に基づく実務経験を5年積むことにより介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を得られます。

+

A 「保育所(保育園)」は児童福祉法に規定される福祉施設であり、子どもの福祉も本学部が扱う主要なテーマです。本学部では「社会福祉士」 「精神保健福祉士」と同様に福祉専門職として「保育士」の養成を行っており、保育に関心を持つ学生は積極的に受け入れています。福祉が扱う領域は広く多様ですが、学年が進むにつれて教育内容はそれぞれの領域に特化したものになります。 四年制大学の社会福祉学部でこうした教育を受ける利点は、生涯発達や障害理解、家族支援などについて広く専門的な学修をしながら、保育に携わるための知識・技能・態度を身に付けられることにあります。

+

A 総合問題は、一般教科に沿った、国語、英語、数的領域、社会・時事の領域をふまえつつ、記述式問題を中心に問うことにより、理解力、論理的思考力、表現力などを評価します。評価の狙いは「総合的学力」であり、社会福祉学を主体的に学習する上で不可欠な要素と考えています。

+

A 社会福祉学部では「知識・技能」「思考・判断力・表現力」を評価するために、面接中に「公民」(現代社会)の基礎学力に関する内容を問います。

入試情報はこちらから

夢ナビで学びの一例を
見ることができます

「岩手県立大学」「社会福祉学部」で検索

Present

アンケートに回答してくれた方に抽選で「図書カードNEXT」をプレゼント!

デジタルオープンキャンパス2021についての皆様のご意見を伺うため、アンケートを実施します。(実施期間:9月30日まで)
アンケートに回答してくれた方に抽選で20名に「図書カードNEXT」をプレゼントします。
当選者の発表はプレゼントを電子メールへの送信をもってかえさせて頂きます。

ホームに戻る
お問い合わせはこちら

先頭に戻る