デジタルオープンキャンパスデジタルオープンキャンパス

看護学部

岩手県立大学看護学部のことが
詳しくわかる動画はこちら

先輩メッセージ

小笠原 義生さん
多彩な視点が学べる授業や学生活動、将来は地域医療の道へ 看護学部4年 / 岩手県立軽米高等学校卒

小笠原 義生さん

母の職場にいた男性看護師の姿を幼い頃から見ていて、人の生きる力を引き出す看護師という仕事に憧れるようになりました。オープンキャンパスで看護学部の先輩方から、岩手県立大学なら看護はもちろん岩手県のことも学べると聞き、将来は岩手県で地域医療に携わりたいと考えていた私は進学を決意しました。授業はグループワークが多く、自分では気づけなかったさまざまな意見を聞くことで看護にする点が広がるのを感じています。また一昨年までは、所属するボランティアサークル「カッキー’S」の活動で月に一度山田町のお年寄りのお宅を訪問していたのですが、高齢の方との関わり方やコミュニケーションの仕方を学ぶこともできました。将来は、故郷である軽米や岩手県北の地域医療に貢献できる人材になりたいと思っています。

山本 真白さん
保健師として地域の人々の健やかな暮らしをサポートしたい 看護学部4年 / 岩手県立盛岡第四高等学校卒

山本 真白さん

祖母が入院する病院に子どもの頃から通っていたことから、はじめは看護師に興味がありました。高校生になって保健師の仕事を知り、病気を持つ人だけでなく、子どもからお年寄りまでさまざまな人と接することができ、地域とも深く関わることができるという点に魅力を感じ、保健師を目指すようになりました。将来は地元で働きたいという思いもあり、岩手県立大学の看護学部を選びました。座学と並行して演習や実習などで実践的に学べるのは、この学部の大きな魅力です。また、先生方には相談もしやすく、親身に話を聞いてくださるので安心して学べる環境だと思います。在宅看護の授業では、患者さんの生活を重視したケアを行うという点で、看護の新たな視点や関わり方を学びました。卒業後は、地域の方々の健康をあらゆる面から支えられるような保健師を目指しています。

芳門 里菜さん
お母さんの心と体の健康を支えられる助産師を目指して 看護学部4年 / 岩手県立盛岡北高等学校卒

芳門 里菜さん

子どもの頃から体が弱かったため入院したこともあり、優しく接してくれる看護師に憧れを持っていました。高校生になって出産に携わる映像を見る機会があり、妊婦を懸命に支える助産師の姿に感銘を受け、助産師を目指すことに。4年間のカリキュラムに助産師育成が組み込まれていること、1年生のうちから実習で実践的に学ぶ場があることが魅力で、岩手県立大学を志望しました。母性看護学の中で学んだ、お母さんが心身ともに健康な状態で、社会的にも良い状態である「ウェルビーイング」の点でサポートしていく、という考え方が印象的でした。卒業後は、助産師として分娩に携わるだけでなく、妊産婦健診などさまざまなシーンでお母さんの健康をサポートできるようになりたいです。

佐々木 愛依さん
目指すのは、子どもたちが安心して来られる保健室 看護学部4年 / 岩手県立花巻北高等学校卒

佐々木 愛依さん

入学当初は看護師か保健師になりたいと思っていましたが、アルバイトで塾講師をし、子どもたちと接したことで教育に興味を持つようになりました。また一昨年までは国際協力サークルに所属し、カンボジアの子どもたちへの教育支援にも取り組みました。1年次には実際にカンボジアを訪れ、現地の子どもたちと触れ合う機会にも恵まれました。このような学生生活や授業を通じ、徐々に養護教諭という職業に魅力を感じるようになりました。深くコミュニーションを取るためには、信頼関係を築くことが大切だという看護の実習で得た学びは、教育の現場にも共通することだと思います。普段から子どもたちが安心して訪れることのできる保健室、そしていつでも安心できる存在である養護教諭を目指したいと思っています。

よくあるご質問

+

A 高等看護学院や看護短大でも、看護学部と同様に看護師の国家試験を受けられますが、高等看護学院や看護短大は3年間、看護学部は4年間の学修期間となります。この違いは「学士(看護学)」の学位が取得できることです。時間をかけて「看護学」をはじめ広い見地を養うための教養科目・語学などを学修します。また、卒業研究により科学的で広い視点を身につけることが出来ます。教育に携わる教員も専修学校等より多く配置され、講義だけでなく演習・実習においても手厚い教育が特徴です。

+

A 大学卒業で看護師の国家試験免許に合格すれば、「学士(看護学)」の学位を持って、医療機関等に就職できます。そのことで、給与面、また昇進等で優遇されることもあります(個々の医療機関によって内容は異なります)。また、現在、看護系の大学が増えており、新しく看護師となる人の3分の1は大学卒業者です。看護の基礎教育は大学で行うという考え方が浸透してきています。このことは、現在の看護学が確かな学問的基盤が必要な領域であると認識されていることを表しています。大学でしっかりと学ぶことは、看護師になってからの実践を科学的に裏付ける自信にもつながります。また、学士の学位があることで、卒業と同時に大学院進学の資格を得ることになります。(専門学校卒業でも大学院進学は可能ですが、この場合資格審査が必要になります) よって、自身の看護師のキャリアを考えるうえで、大学院進学によって高度実践看護師、また教育職等さまざまな可能性が広がります。

+

A 平成24年の法改正に伴うカリキュラム変更により、それ以降の入学生が全員取得できるのは看護師国家試験受験資格のみとなりました。保健師、助産師、教職課程についてはいずれか一つを選択し、入学後の選考試験に合格することが必要になります。なお、保健師、助産師として就労する場合も看護師の国家資格が必要です。

Present

アンケートに回答してくれた方に抽選で「図書カードNEXT」をプレゼント!

デジタルオープンキャンパス2021についての皆様のご意見を伺うため、アンケートを実施します。(実施期間:9月30日まで)
アンケートに回答してくれた方に抽選で20名に「図書カードNEXT」をプレゼントします。
当選者の発表はプレゼントを電子メールへの送信をもってかえさせて頂きます。

ホームに戻る
お問い合わせはこちら

先頭に戻る