デジタルオープンキャンパスデジタルオープンキャンパス

盛岡短期大学部

岩手県立大学盛岡短期大学部のことが
詳しくわかる動画はこちら

先輩メッセージ

生活科学科

生活デザイン専攻
齊藤 愛琉さん
自分のスタイルに合った学びで夢を叶える 生活デザイン専攻2年 / 岩手県立黒沢尻北高等学校卒

齊藤 愛琉さん

小学生の時にファッションショーのモデルをした経験から、服飾の世界に憧れるようになりました。技術と知識の両方を身につけたいと考えて、盛岡短期大学に進学。前期は講義、後期は実践と段階を経て授業を受けられるので、とても理解がしやすいと感じています。カラーコーディネーターや色彩検定などの資格を取得して就職に役立てるとともに、いつかは自分がデザインした服を販売する夢を叶えたいと思っています。

佐藤 日和さん
建築から服飾まで幅広くデザインを学ぶ 生活デザイン専攻(令和3年3月卒) / 宮城県気仙沼高等学校卒

佐藤 日和さん

父が漁船の設計をしていたことや、東日本大震災からの復興で家々が建っていく様子を見て、住宅の設計に興味を持つようになりました。「住宅設計演習」の授業では自分で図面を描いて模型を作るので、より実践的な学びを得ることができます。また色彩検定や建築CAD検定にも積極的に挑戦し、スキルアップに役立てました。卒業後は総合建設会社の施工管理として働き、将来的には設計にも携わっていきたいと考えています。

食物栄養学専攻
尾形 瑠香さん
祖父の病を通じて感じた食の大切さ 食物栄養学専攻2年 / 岩手県立宮古高等学校卒

尾形 瑠香さん

心筋梗塞で倒れた祖父が、減塩や栄養バランスに配慮した食事で元気を取り戻していく姿を見て食の大切さに気づき、栄養について深く学びたいと思いこの学科を選びました。実習や実験が多く、実践的な学びが得られるのがこの学科の魅力だと思います。早く社会に出て経験を積みたいと短大を選びましたが、今は祖父のような主に高齢者の健康を支えられるような管理栄養士を目指し、4年制大学への編入を考えています。

坂本 彩乃さん
管理栄養士として、多くの人の健康を支えたい 食物栄養学専攻(令和3年3月卒) / 岩手県立盛岡北高等学校卒

坂本 彩乃さん

看護師を目指していたのですが、高校時代に参加した病院での看護体験で症状別のメニューが提供されているのを見て「食事」に興味を持ち、栄養士を志すようになりました。卒業後は管理栄養士の資格取得を目指し、病院で働きたいと考えています。短大を選んだのは、早く社会に出て、目標である管理栄養士の仕事に直結する実務経験や社会経験を積みたかったから。患者さん一人ひとりに寄り添った管理栄養士になりたいと思っています。

国際文化学科

山下 晟慎さん
豊かな学びによって向上心が高まる 国際文化学科2年 / 岩手県立宮古高等学校卒

山下 晟慎さん

中学高校の英語の学習を通して英語圏の文化へと興味が広がり、語学だけでなく国際関係などを学べるこの学科を選びました。ネイティブの先生から学ぶことでスピーキング力が上がり、視野が広がったのを感じます。今回は新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりましたが、海外研修に行けるのも魅力の一つです。卒業後は他大学へ編入して学びを深め、留学もしたいです。そのために今は英会話やTOEICなど語学に力を入れて自主的に学んでいます。

伊藤 冬姫さん
英語力がアップしていくのを実感する日々 国際文化学科2年 / 岩手県立盛岡北高等学校卒

伊藤 冬姫さん

高校生の時、アメリカ人の女性に英語で道を尋ねられたことがありました。それまで英語には苦手意識がありましたが、その女性と会話できたことをきっかけに英語力を上げたいと思い、国際文化学科に進学しました。現在は英会話に関する授業が特に楽しいと感じていて、TOEICに向けた勉強にも取り組んでいます。先生方のサポートも手厚く、将来について早めに考えられるのが短大の魅力。旅行関係の仕事に就くことが目標です。

Present

アンケートに回答してくれた方に抽選で「図書カードNEXT」をプレゼント!

デジタルオープンキャンパス2021についての皆様のご意見を伺うため、アンケートを実施します。(実施期間:9月30日まで)
アンケートに回答してくれた方に抽選で20名に「図書カードNEXT」をプレゼントします。
当選者の発表はプレゼントを電子メールへの送信をもってかえさせて頂きます。

ホームに戻る
お問い合わせはこちら

先頭に戻る