岩手県立大学

デジタルオープンキャンパス

社会福祉学部

社会福祉学部のことが
詳しくわかる動画はこちら

先輩メッセージ

八角 奈津美さん
広い領域について知ることで視野と関心が広がる 社会福祉学科4年 / 岩手県立平舘高等学校卒

八角 奈津美さん

 中学校の職業体験で特別養護老人ホームに行ったことや、母が介護関係の仕事をしていたことがきっかけで、介護に興味を持ちました。大学 進学を考えたときに、介護のことだけでなく社会福祉について広く学ぶことができるというのが岩手県立大学を選んだ理由です。実際に、幅広い領域をまんべんなく学び、法律や社会保険制度のことなどまったく知 らなかった側面についても知ったので、視野が広がりました。なかでも地域福祉に関心があり、卒業後は地元の福祉に貢献できる仕事に就きたいです。現在は社会福祉士と精神保健福祉士を目指して資格の勉強にも取り組んでいます。 一方、演劇やマンドリンのサークル、学部学生会や体育祭実行委員会などにも所属しています。興味のあることには何でも挑戦すると、学生生活がより充実したものになると思います。

斉藤 優太郞さん
福祉を通して学んだことは職種を問わず生かすことができる 社会福祉学科4年 / 宮城県仙台南高等学校卒

斉藤 優太郞さん

少子化や超高齢社会などといった社会的課題が注目される中、福祉の分野は今後さらに重要になると考えこの学部を選びました。特に興味を持って取り組んでいるのは、社会福祉経済や行政学です。 福祉の現場で役立つ知識はもちろん、政策や働き方などについても広く学べるため、将来どんな職種を選んでも必ず役に立つものだと感じています。入学当初は公務員を目指していましたが、学びを深めるうちに一般企業への就 職も考えるようになりました。今後はさらに見聞を広めて、将来を選択していきたいと思っています。また学生生活では1年生の頃から大学祭実行委員会に所属し、イベントの企画運営や進行管理などを担当しました。 時間がない中での準備など大変なこともありますが、大きなやりがいを得て充実した時間を過ごすことができています。

北田 瑞季さん
実習で得た本物の学びを生かして福祉の現場で働きたい 人間福祉学科4年 / 岩手県立盛岡第二高等学校卒

北田 瑞季さん

高校時代から社会福祉と保育を学びたいと思っていて、岩手県立大学への進学を志望していました。妹が知的障がいを持っていることもあり、はじめは障がい者支援に興味が絞られていましたが、さまざまな福祉分野について学ぶうちに児童福祉全般にも関心を持つようになりました。「自分に何ができるか」だけでなく、その人自身の強みや周りの環境なども考慮した支援のあり方について考えられるようになったのは、福祉の現場を実際に見て学ぶという実習での経験が大きいです。卒業後は、自分の力を生かすこと のできる現場で福祉の仕事をしたいと思っています。社会福祉士と保育士2つの資格取得を目指しているため、授業や資格の勉強で忙しくも充実した学生生活です。また、ダブルダッチとダンスの2つのサークルで日々練習に励むことがリフレッシュになっています。

盛 悠史さん
福祉心理学の知識を福祉以外の仕事でも生かしたい 人間福祉学科4年 / 東北学院高等学校卒

盛 悠史さん

もともと子どもの不登校の問題や学習支援などに興味があり、心理学と福祉のどちらも学べるこの学部を志望しました。福祉心理系を選択していますが、体験的な学びを行う演習が多い点が特長です。 ソーシャルワーク演習や心理学実験といった授業から、人との関わり方、その難しさや向き合うときの姿勢など多くのことを学びました。 また、他人との関わりを意識するようになったことで自分自身にも目を向けるようになり、演劇サークルでは表現することの面白さに開眼。アマチュア劇団などで役者や製作スタッフとしても活動しています。 資格を取得して福祉分野での仕事に就く人が多いなか、自分は卒業後福祉以外の分野で働くことを考えています。これまで学んだ心理学や福祉の知識は、普段の社会生活にも十分役立つと思っています。  

よくあるご質問

+

A 社会福祉学科は、直接的な対人援助から、それを可能にする制度や政策までを広く総合的に学べるように構成されています。 3つの教育系に分けてありますが、教育系に分かれるまで、他の系の科目を自由かつ積極的に履修できるようになっています。他方、人間福祉学科は、社会福祉学の基礎の上に発達科学や心理学などの隣接科学を学び、人生のさまざまな段階における援助にそれを応用する力を習得できるよう構成されています。2つの教育系がありますが、それぞれが比較的独立したものになっています。

+

A 一般選抜の前期日程及び後期日程において第1志望の学科に入学した学生は、一定の条件を満たせば3年次に転学科することが可能です。学校推薦型選抜、帰国子女選抜、社会人選抜、私費外国人留学生選抜、総合型選抜、一般選抜(第2志望学科)による入学生は学科を変更することができません。※一般選抜では第1志望学科の他に第2志望学科を志願することも認めています。

+

A すべての資格を取得することはできません。
1)「社会福祉士受験資格」、「精神保健福祉士受験資格」は、社会福祉学科・人間福祉学科のどちらの学科でも取得可能ですが、「保育士資格」「公認心理師受験資格」は人間福祉学科においてのみ取得可能です。
2)複数の資格取得を希望する場合、可能な組み合わせは、(1)「社会福祉士受験資格」と「精神保健福祉士受験 資格」、(2)「社会福祉士受験資格」と「保育士資格」の2通りに限られます。
3)「社会福祉士受験資格」と「保育士資格」は単独での資格取得が可能ですが、「精神保健福祉士受験資格」については、「社会福祉士受験資格」とあわせて目指す必要があります。
4)「公認心理師受験資格」を希望する場合は、他の国家資格の取得はできません。また、学部で学ぶだけでなく、大学院への進学なども必要となります。

+

A 社会福祉士に対する社会的期待が高まり、その活動領域が広がる中で、病院や地域包括支援センターなど社会福祉士資格を必要とする職場が増えてきています。また、職場によっては資格手当がつくこともあり、資格に基づく実務経験を5年積むことにより介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格を得られます。

+

A (1)これまで定員に余裕のある年度が多かったのですが、最近は希望者が定員を超過する年度もあります。 (2)定員を超えた場合は、1年次の成績を基に選考します。

+

A 「保育所(保育園)」は児童福祉法に規定される福祉施設であり、子どもの福祉も本学部が扱う主要なテーマです。本学部では「社会福祉士」 「精神保健福祉士」と同様に福祉専門職として「保育士」の養成を行っており、保育に関心を持つ学生は積極的に受け入れています。福祉が扱う領域は広く多様ですが、学年が進むにつれて教育内容はそれぞれの領域に特化したものになります。 四年制大学の社会福祉学部でこうした教育を受ける利点は、生涯発達や障害理解、家族支援などについて広く専門的な学修をしながら、保育に携わるための知識・技能・態度を身に付けられることにあります。

+

A 総合問題は、一般教科に沿った、国語、英語、数的領域、社会・時事の領域をふまえつつ、記述式問題を中心に問うことにより、理解力、論理的思考力、表現力などを評価します。評価の狙いは「総合的学力」であり、社会福祉学を主体的に学習する上で不可欠な要素と考えています。

+

A 学科や教育系の枠を超えた知識を幅広く学修することができ、学生自身の学習目的や将来の進路を展望することに利用できる制度です。学士課程(教育系と資格課程)とは異なる視点から体系的に学修するという意味で、教育系や資格課程の学修の補完的・付加価値的な位置付けとなります。学生が自身の学習目標を踏まえ、主体的に選択することが基本です。

カリキュラムについてはこちら

基礎と応用を往復するカリキュラム演習やゼミは
小人数制で指導

ホームに戻る

Present

デジタルオープンキャンパス2020についての皆様のご意見を伺うため、アンケートを実施します。(実施期間:7月31日から9月10日まで)
アンケートに回答してくれた方に抽選で20名に「図書カードNEXT」をプレゼントします。
当選者の発表はプレゼントを電子メールへの送信をもってかえさせて頂きます。

岩手県立大学の広報誌はこちら

先頭に戻る