岩手県立大学

デジタルオープンキャンパス

看護学部

岩手県立大学看護学部のことが
詳しくわかる動画はこちら

先輩メッセージ

千葉 智貴さん
1年次からの実習、現場の体験談などから得る充実の学び 看護学部4年 / 岩手県立不来方高等学校卒

千葉 智貴さん

高校生のときに行った看護体験をきっかけに、看護師を目指すようになりました。地元の岩手県で看護学が学べること、オープンキャンパスに来て先輩方の明るい雰囲気に触れたことから岩手県立大学を志望しました。本学では1年生から実習があったり、現場経験の豊富な先生方が多くリアルな体験談を聞けたりすることが特徴で、印象に残る講義も多く大きな学びにつながっています。実習や課題が多くて忙しい日々ですが、学ぶほどに知識が身について役に立つことが実感できます。大学にいる時間の中で友達と一緒に課題を終わらせたり、早朝にアルバイトを入れるなど時間を有効に使って過ごしています。人と接することが好きなので、患者さんと話す機会を多く持ってリラックスしてもらい、一人ひとりに気を配れる看護師を目指したいと思います。

松本 奈菜さん
演習を通じて看護技術に込められた考えや思いを知る 看護学部4年 / 岩手県立水沢高等学校卒

松本 奈菜さん

東日本大震災の現場での保健師の仕事を父から聞いたことなどをきっかけに、保健師の仕事に興味を持ちました。現場で活躍する看護職による講義や実習での地域に暮らす住民との関わりを通し、将来の仕事への意欲を高めています。大学生活のかたわら、盛岡のラジオ局で番組アシスタントのアルバイトをしています。異なる世代の方との関わりから、社会人としての礼儀なども学ばせていただいています。バイトと勉強の両立は大変ですが、大学の4年間はさまざまなことに挑戦できる期間だと思います。将来は地域の訪問看護ステーションなどの現場に興味があります。支援するご本人への関わりはもちろん、そのご家族にも目を向けられる保健師を目指します。そして、ご本人・ご家族が暮らす地域にも目を向け、地域をまるごと支えられる保健師を目指します。

佐藤 寿美さん
助産師としての知識や看護の技法を、地元の医療に生かす 看護学部4年 / 岩手県立釜石高等学校卒

佐藤 寿美さん

姉が助産師をしていること、11歳下の双子の弟の出産に接したこと、そのときの助産師さんの話を聞いて憧れを抱いたことをきっかけに、高校2年頃から本格的に助産師を目指し始めました。看護学部の学びで印象的だったのは、実習等を通じてコミュニケーションの重要性や傾聴の技法を学んだこと。患者さん一人ひとりの症状に合わせて、さらには同じ患者さんでも体調や症状に合わせてコミュニケーションを取ることが大切だと学びました。将来の希望は、知識や技術を身につけた後、地元の釡石病院の院内助産システムを担う助産師として活躍できたらと考えています。これから看護師等を目指す人は、看護に関わるボランティアなどに積極的に参加すると、現場の人から話を聞いて興味を深める機会にもなると思います。

佐藤 遥さん
子どもたちが元気いっぱいで過ごせるよう温かくサポート 看護学部4年 / 岩手県立不来方高等学校卒

佐藤 遥さん

小中学生の頃は保健室に行くことが多く、保健の先生と仲良くなり養護教諭に憧れを持ちました。公立であることが決め手となり岩手県立大学に進学しました。看護学の学びで印象的だったのは、模擬患者として地域の方が大学に来てくださり、血圧を測ったり話の仕方を学べたりしたことです。本当の患者さんと接しているようで緊張もしますが、良い経験になりました。養護教諭養成課程で行ったボランティア実習では、実際に小学校に行き子どもたちと触れ合いながら、子どもの話し方や興味のあることを知ることができました。授業の他にはさんさ踊りに参加したり、看護学部のサークル「ピアいぷ」で活動したり、大学生活を満喫しています。将来は、子どもたちが学校で健康で元気いっぱいに過ごし思い出を作れるように、温かい雰囲気で子どもたちを受け入れる養護教諭になりたいと思います。  

よくあるご質問

+

A 高等看護学院や看護短大でも、看護学部と同様に看護師の国家試験を受けられますが、高等看護学院や看護短大は3年間、看護学部は4年間の学修期間となります。この違いは「学士(看護学)」の学位が取得できることです。時間をかけて「看護学」をはじめ広い見地を養うための教養科目・語学などを学修します。また、卒業研究により科学的で広い視点を身につけることが出来ます。教育に携わる教員も専修学校等より多く配置され、講義だけでなく演習・実習においても手厚い教育が特徴です。

+

A 大学卒業で看護師の国家試験免許に合格すれば、「学士(看護学)」の学位を持って、医療機関等に就職できます。そのことで、給与面、また昇進等で優遇されることもあります(個々の医療機関によって内容は異なります)。また、現在、看護系の大学が増えており、新しく看護師となる人の3分の1は大学卒業者です。看護の基礎教育は大学で行うという考え方が浸透してきています。このことは、現在の看護学が確かな学問的基盤が必要な領域であると認識されていることを表しています。大学でしっかりと学ぶことは、看護師になってからの実践を科学的に裏付ける自信にもつながります。また、学士の学位があることで、卒業と同時に大学院進学の資格を得ることになります。(専門学校卒業でも大学院進学は可能ですが、この場合資格審査が必要になります) よって、自身の看護師のキャリアを考えるうえで、大学院進学によって高度実践看護師、また教育職等さまざまな可能性が広がります。

+

A 平成24年の法改正に伴うカリキュラム変更により、それ以降の入学生が全員取得できるのは看護師国家試験受験資格のみとなりました。保健師、助産師、教職課程についてはいずれか一つを選択し、入学後の選考試験に合格することが必要になります。なお、保健師、助産師として就労する場合も看護師の国家資格が必要です。

カリキュラムについてはこちら

「学ぶための学び」を通じて論理的思考力のある人材を育成

ホームに戻る

Present

デジタルオープンキャンパス2020についての皆様のご意見を伺うため、アンケートを実施します。(実施期間:7月31日から9月10日まで)
アンケートに回答してくれた方に抽選で20名に「図書カードNEXT」をプレゼントします。
当選者の発表はプレゼントを電子メールへの送信をもってかえさせて頂きます。

岩手県立大学の広報誌はこちら

先頭に戻る