岩手県立大学

デジタルオープンキャンパス

宮古短期大学部

宮古短期大学部のことが
詳しくわかる動画はこちら

先輩メッセージ

下留 諄哉さん
将来の夢に合わせた科目選択で忙しくも充実した毎日に 経営情報学科2年生 / 岩手県立葛巻高等学校

下留 諄哉さん

高校生のときに地元の町が台風で深刻な被害を受け、消防士の方々が必死に救助活動をしてくれました。その姿を見て自分も消防士になろうと思い、現在は公務員試験に関わる企業論や経済学などを重点的に学んでいます。短大の魅力は必要な学びを身に付けて、早い段階で将来を具体的に考えられること。特に宮古短期大学部では科目を自由に選択できるため、自分次第で学びの幅を広げることが可能です。就職や編入学に関するガイダンスも多く、学生へのサポートが手厚い環境だと感じています。

中野 綾星さん
関心ある分野の学びを深め輸出関係の仕事を目指したい 経営情報学科 2年生 / 岩手県立久慈高等学校卒

中野 綾星さん

高校生の頃から経営関係に興味があったことと、社会に出てから役立つパソコンの知識も身に付けたいと思い宮古短期大学部を選びました。特に関心を持って取り組んでいる科目は、「経営戦略論」や「経営学入門」です。短大に入って初めてのアルバイトにも挑戦していますが、お客様と接することでコミュニケーション能力を磨く良い機会になっています。将来は海外に関わる仕事に就きたいと考えているので、先生方にも相談をしながら具体的な目標を定めていきたいと思っています。

大澤 碧さん
自分の得意分野を生かして社会に役立つ能力を身に付けたい 経営情報学科2年 / 盛岡市立高等学校卒

大澤 碧さん

高校では商業科に通い、そこで学んだ情報系の知識をさらに深めたいと考え4年制大学を希望。しかし理数系の勉強が不足していると感じ、短大からの編入学を考えて宮古短期大学部を選びました。現在は編入学と就職の両方を視野に入れながら、プログラミングに関する授業を中心に興味深く取り組んでいます。プログラミング言語を使って構築する作業は楽しいですし、正解が一つだけでないことも大きな魅力です。将来はセキュリティに関するシステム開発やプログラマーの仕事に就きたいと考えています。

乙供 彩乃さん
ここでの学びや体験を通して自分が進みたい道を見つける 経営情報学科 2年生 / 青森県立三本木高等学校卒

乙供 彩乃さん

高校で進路を選ぶ際に、先生から経営や情報に特化した宮古短期大学部を勧められました。ここでの学びを通してメディア関係に興味を持ち、3DCGやWEBサイトを作成する授業などに積極的に取り組んでいます。また学校として英語教育にも力を入れているため、改めて英語の面白さを知り、最近では海外ドラマの音声も英語で楽しむようになりました。大学生活ではJRCサークルに所属し、小学生向けのボランティアスタッフとして活動。さまざまな学びと体験を通して、とても充実した毎日を送っています。  

よくあるご質問

+

A 全部で 86の科目があります。このうち最少で 31 科目を勉強し合格(単位取得)すれば卒業できます。これらの科目は「専門科目」「基盤教育科目」「ゼミ科目」「キャリア科目」の種類に分かれています。最も多く学ぶのは「専門科目」です。

+

A 「専門科目」には「経営科目群」、「経営情報科目群」、「情報科学科目群」の科目があります。「経営科目群」では、企業の仕組みや社会的役割、企業の経営管理や現代企業の経営事情、さらに関連するその他経営や会計の広い知識を学びます。「経営情報科目群」では、情報技術を企業経営に生かし活用することを学びます。「情報科学科目群」では、ワープロ・表計算の初歩からシステム開発やインターネット技術までを系統的に学べます。また、パソコンを利用した演習の授業を多く取り入れています。

+

A 経営科目群、経営情報科目群、及び情報科学科目群をそれぞれ、6単位以上(各分野の専門基礎科目各2単位以上を含む)修得した上で、合計単位数が 42 単位以上となれば、専門科目の卒業要件が満たされます。一方の分野を重点的に学ぶことも可能ですし、両分野をバランスよく学ぶことも可能となりますので、学生の皆さんは興味のある科目をフレキシブルに履修することが出来ます。また、履修目的に応じた履修モデルも提示しますので是非参考にして下さい。

+

A 宮短は「わかりやすい授業」をモットーとしています。科目名は難しそうかもしれませんが、高度な内容でもわかりやすく説明するために教員一同は日々努力しています。1年間のカリキュラムは前期と後期の2学期制です。授業1時限(1 コマ)は 90 分で、1日5時限制です。ただし、学生は時間割の中で、自分で履修する授業のみを受けます。ですから、1年前期には平均的な学生で 25 コマ中 11 コマ程度に授業が入ります。その他の空き時間には、学生が自主的に学習することが想定されています。

+

A 簿記については、高校時代にまったく勉強したことがなくても、そうした人を前提に授業を始めますので大丈夫です。また、簿記経験のある人には応用的な科目も用意されています。 パソコンについても、使った経験がほとんどない人でもわかるように授業を始めますので安心です。もちろんより高度なパソコン技術を身につけたい人向けの科目もあります。 英語については、新カリキュラム施行に伴い、選択必修となりました。履修目的に応じて、基礎、資格、総合英語から選べます。国際化時代に英語の学習は欠かせません。宮短では少人数クラスのメリットを活かし理解しやすい工夫をしています。たとえ苦手でもぜひ挑戦してみて下さい。

+

A 宮短では2年間のゼミ学習が特色の1つです。ゼミとは、教員1名につき学生 10 名以下が所属し、入門から専門的な内容まで、教員と学生で議論したり調べたり意見をまとめたりする授業形態です。ただ聞くだけの講義ではなく、学生がどんどん発言することで理解を深めたり、主体性やコミュニケーション能力を育成します。 また、ゼミは勉強だけでなくスポーツ祭や学園祭の活動単位にもなり、進路の相談の場ともなります。学生同士そして教職員との交流が進み、距離感が近くなります。

+

A 宮短で卒業と同時に「自動的に」取得できるのは「短期大学士」という学位で、これは資格ではありません。ただし、宮短での学習が取得のための準備となる資格として「日商簿記検定」「情報処理技術者試験」「実用英語技能検定」「TOEIC」「TOEIC Bridge」「秘書技能検定」「P 検」などがあります。
※「TOEIC」とは~英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。 「P 検」とは~パソコンを扱う全ての方を対象としたICTプロフィシエンシー検定試験です。

+

A 宮短は企業の期待にこたえられるような人材教育を行っています。地方では、就職を取り巻く状況は依然として厳しさも残っていますが、宮短の令和2 年 3 月卒業生の就職率は 94.1%となりました。 また、就職先も多様化していて、情報通信業10人、金融・保険業8人、建設業7人、公務員6人(令和2 年3 月卒業生)など、いろいろな業種に就いています。 岩手県内への就職率は67.2%であり、優れた人材を輩出することで、地域の発展に貢献しています。

+

A 宮短での2年間の勉強ののち、四年制大学でもっと学問・技術を探究したいと思う人には、編入学の道もあります。
宮短では、同じ組織の岩手県立大学への編入学に推薦枠(一部学部)があるだけでなく、東北・関東をはじめとする全国の国公私立大学への編入学でも実績があります。編入学希望者には、ゼミを中心に教員が系統的で丁寧な学習指導を行っています。
具体的には、学生に対し、例年、就職・編入委員会主催の編入ガイダンスを年複数回開催し、卒業生進学先データ、本学部から受験することが多い編入学先受験情報等を提供しています。また個別面談も就職・編入委員を中心に年数回行い、状況に応じた対応を行っています。更にゼミ教員による個別面談も適宜行い、常に学生の状況を教員間で情報共有し、必要に応じて対応策を講じるように努めています。
一方、保護者に対し就職・編入委員会主催の進路相談会を年2回開催し、本学部の取組や編入学に関する情報を提供する他、希望者に対して個別面談も実施しています。 編入学対策は、専門科目や英語、小論文指導、志望理由書対策、面接・口頭試問指導を教員が個別に対応しており、早ければ1年次後期から勉強会を定期的に開催し、試験直前まで行っています。編入学希望学生が年々増加していることから、令和元年度より「英語・小論文」添削講座を実施しています。

+

A 入学当初から就職活動の取組みがスタート、2年生の秋までの間にガイダンスを段階に応じて複数回行います。これらをきっかけに自分の適性について考え、希望の業種・会社を調べたり、面接や筆記試験の練習をして、実際に就職試験を受験していきます。編入学についても同様にガイダンスを行います。 さらに、専従の就職支援専門員が随時就職情報の収集や発信、面接練習やアドバイスを行っており、また、ゼミの担当教員も学生1人1人に丁寧な進路相談・指導を行います。 残念ながら未就職で卒業した学生にも、卒業後も継続して就職の支援を行っています。

+

A 宮短では2年間の学費が 91 万 5400 円(県内者)です。これは私立大学の初年度分だけの学費と同等です。
さらに、経済的な理由があれば日本学生支援機構奨学金や県立大学独自の奨学金が受けられるほか、授業料の減免制度も利用できます。 生活面では、1学年 40 人分の女子学生寮があり、あらかじめ希望をとって希望者の家計状況によって入寮が許可されます。寮の生活費は朝夕の食費を含めて月額約25,000円です。また、アパートや下宿は学校周辺と市内にあり、事務局でも情報提供を行っています。

+

A 学校推薦型選抜試験と一般選抜試験が主なものです。
学校推薦型選抜試験は、その年度の卒業予定の高校生で、評定平均値が 3.8 以上または本学が定める取得資格を有し、各高等学校等から推薦された志願者であれば受験できます。11 月中旬に試験がありますが、試験内容は面接と小論文で、自分で考えたり表現したりする能力が試されます。なお、令和3年度選抜より、各高等学校等から推薦できる人数を変更しました。詳細は入学者選抜要項をご確認下さい。
次に、2月中旬実施の一般選抜試験は、 ①一般選抜A(大学入学共通テストを利用:大学入学共通テスト・小論文) ②一般選抜B(大学入学共通テストを利用しない:面接・小論文) の2種類があります。 なお、一般選抜AとBを併願することはできません。

カリキュラムについてはこちら

幅広い教養と専門的な知識を有し
地域社会・国際社会の発展に寄与できる人材を輩出

ホームに戻る

Present

デジタルオープンキャンパス2020についての皆様のご意見を伺うため、アンケートを実施します。(実施期間:7月31日から9月10日まで)
アンケートに回答してくれた方に抽選で20名に「図書カードNEXT」をプレゼントします。
当選者の発表はプレゼントを電子メールへの送信をもってかえさせて頂きます。

岩手県立大学の広報誌はこちら

先頭に戻る