ホーム > キャンパスアテンダント > CA Blog

CA Blog

Blog - 受験生の皆様へ

実習の日々*あいりこ

お久しぶりです!

CA3年、看護学部のあいりこです。

寒い日が続いていますね。雪が降って道路が凍結していたりするので、みなさんも気を付けてくださいね。

大学の木につららがひっかかっていて羽みたいになっていました。きれいだったので見てください!

あいりこさん.png

最近の私ですが、とにかく実習!の毎日です。

3年後期には3週間×4領域(小児看護学、成人看護学など。詳しくは入学案内に掲載されています)の実習があるのですが、4領域目の実習も残りあと1週間となりました。

看護学部の実習では何をするのかというと、通常であれば病院や看護師が働く施設に行き、学校で学んだことを実践しています。

しかし、今年度は新型コロナウイルスの影響もあり、学内実習になる領域もありました。

病院に行けなくても、先生方が実習内容を工夫してくださるので、不安なく実習を継続できています。

実習をする中で、自分の知識や技術が足りないなあ...と落ち込んでしまうこともあるのですが、友達と相談したり、先生方に指導していただいたりしながら頑張っています。

今思うのは、毎日の授業って本当に大事だった...ということです!実習をしていても「あ、これ授業でやった!先生が大事だって言ってたな」という場面が多くありました。

高校生の皆さんにもこれは当てはまると思います。先生方に言われている人も多いのではないでしょうか。日々の授業+予習復習をしっかりやっておくと、必ず力になります。

毎日コツコツ勉強することで、志望校への合格が見えてくると思います。

 

受験生のみなさんは大学入学共通テストに向けて追い込みに入る時期でしょうか。やってもやっても足りない気がして不安になってしまうかもしれませんが、私が受験生だったときは寝不足で体調を崩したので、適度に休息を取りながら頑張ってほしいなと思います。

みなさんに来年の春桜が咲きますように、CA一同応援しています!

とりあえず、新聞を読みましょう!*ぐっぴー

みなさんこんにちは!
久しぶりにブログに登場できました…社会福祉学部社会福祉学科2年のぐっぴーです!

もうすぐ、総合型選抜、学校推薦型選抜本番ですね〜

受験を控えているみなさんに質問!
新聞、毎日読んでいますか???

 

新聞をなめたらあかんのです。
なぜなら、小論文にも面接にも全部新聞が繋がっているから…

私はこんな感じで、新聞ノートを作っていました!

ぐっぴー.jpg

毎日自分が気になった記事を切り貼りし、そこに記事の要約と自分の意見を書いていました。

この新聞ノートが無かったら…と冷や汗をかいた入試本番の出来事をご紹介しますね(笑)

 

◎小論文にて…
文章を書き進め、私は自分の意見の根拠となる具体例を書こうとしていましたが、なかなか思い浮かびませんでした。
そのとき!
新聞ノートにまとめた、ある記事を思い出しました。
おかげで、その記事を用いて具体例を述べることができました。

 

◎面接にて…
なんと、私が志望する学部である福祉に関係のない質問もされました。
・福祉以外で興味のあるニュースは?
・福祉以外で学びたいことは?
これは実際に私が聞かれた質問です。
聞かれた瞬間焦りましたが、私の頭にパッと思い浮かんだのは、新聞ノートにまとめた、ある記事でした。
新聞記事に対して自分がまとめていた意見をその場で言うことができました。

 

こーんなにも!私は新聞に救われました!!

これを読んでくれている皆さん、本番まであと1ヶ月ですが毎日、新聞を読んでみてください!
絶対に、その努力が自分を救ってくれますよ(^^)

 

 

不安な気持ちを抱えたままにしていませんか?
不安なこと、相談したいことがある方はぜひCAカフェにお越し下さい!

学校推薦型選抜前最後のCAカフェは11月7日(土)15:00〜20:00です。
この時間の間なら何時に来ても、何時に帰ってもOKです(^^)
具体的な質問がなくても大丈夫!
私も一昨年の今の時期「不安です〜あと1ヶ月何をすればいいですか〜泣」と助けを求めました(笑)

私たちCAは、今ある知識と実体験を全てお伝えします!!
みなさんに会いたいな〜!

アイーナ7階にあるアイーナキャンパスでお待ちしています。

 

Twitter、Instagramでもみなさんに役立つ情報を発信していますので、ぜひチェックしてみてください!
それではまた!

総合型選抜(AO入試)について*ちばい

皆さん初めまして。

ソフトウェア情報学部1年のちばいです!

今回初めてCAブログを書かせて頂くので至らない点があるとは思いますが、最後まで読んでくれると嬉しいです!

 

8月も半ばにさしかかって暑さに拍車がかかり、毎日滝のような汗を流しながら通学しています。

さて、毎年秋にはAO入試(今年からは総合型選抜)が行われているわけですが、去年の今頃私も、ちょうどAO入試の準備の真っ最中でした。私は岩手県立大学のソフトウェア情報学部のAO入試に合格して入学しました。今回はAO入試について、主に1次、2次選考で重要だと思った点についてお話ししていこうと思います。

 

AO入試(今年からは総合型選抜)は書類審査である1次選考、そして、面接によって評価がつけられる2次選考によって構成されています。1次選考に合格しないとそもそも2次選考を受けることができないので、私は1次選考で見られる書類の作成に力を入れました。私が意識したことは、書類を読む人が少しでも興味を持ってくれるようなキーワードを絶対に入れ込むことです。私の場合は、高校時代にロボットを作っていたので、志望理由書や自己PR文でそのことについて少し触れました。そして、2次選考の面接の際にそのロボットについてたくさん質問を受けたので、少しでも興味を持ってもらえたのかなと感じています。AO入試は多くの人が受験するので、まずは審査員に興味を持ってもらうことが1次試験通過の近道だと私は思います。

そして2次試験に関しては、自分のしたいこと、学びたい分野についてこれ以上ないくらい徹底的に調べ上げること、質問に対する回答を簡潔にまとめる力をつけることが重要だと思いました。2次選考は1次選考で提出した書類をもとに面接が行われます。書類では自分がしたいこと、学びたいことについて確実に触れているため、それについての質問がとても多いです。ですから、どんな専門的な、難しい質問が来てもいいように、専門用語や関連ニュースなど何から何まで徹底的に調べ上げ、自分の知識として蓄えておくと面接の際に困ることが少なくなると思います。実際、2次選考の際に自分の学びたい分野について少し専門的な知識が必要な質問があったので、調べておいて良かったと思いました。また、人間、長い話を聞くのが好きな人はそうそういません。質問に対してダラダラ長い回答をしていたら、いくら面接官でも聞き逃してしまったり、結局何が言いたいのか意図を汲み取ってもらえなかったりするかもしれません。ですから、簡潔に短くまとめて話すことで、印象は確実に良くなるし、より一層自分を知ってもらえる機会にもなることで、合格への第一歩になるのではないかと思います。

 

以上が私がAO入試を受験して感じた1次、2次選考で重要だと思った点についてです。

 

最後に、ちばいは2次選考本番に水分を持っていくのを忘れて、口がカラッカラに乾いた状態で面接を受け、噛みまくった苦い思い出があります。自販機がある場所は当日鍵がかかっていて、現地で購入することはほぼ不可能です。総合型選抜(AO)を受験する人、受験を考えている人は、絶対に水分は持っていったほうがいいことを覚えておいて欲しいです。

 

それでは、長くなりましたがこの辺りで失礼します。

夏がやってきた!!!*こうちゃん

みなさん、初めまして!社会福祉学部1年のこうちゃんです!

私が受験生の頃からよく読んでいたCAブログを自分が書く側になるなんて…と、とても緊張していますが、温かい目で見てくれるとうれしいです(^o^)

 

最近は暑い日が続いて、夏が来た実感がわきますね。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。高校は夏休みが始まっても課外があって本当に忙しいですよね…。今回は私の経験を踏まえて、夏休みの過ごし方についてお話させていただこうかなと思います。

 

高校二年生の頃、私は様々なボランティア活動に取り組んでいました。というのも社会福祉に興味はあったものの、福祉のどの分野に興味があるのか自分で把握できていなかったからです。もはや自分探しですね(笑)。実際に参加したボランティアは、募金活動、障害を持つ児童の余暇支援、高齢者とのピクニック交流会、地域のお祭りの運営サポートなど、様々です。

その中から、自分が興味を持っている分野を見つけることに無事成功しました。それは障害者福祉でした。そう思えたのは、障害のある方と関わるボランティアに多く参加していたことがきっかけです。様々なボランティアに参加するうちに障害について詳しく知りたいと思い始め、高校三年の夏休みからは障害のある方と関われるボランティアに参加していくようになりました。また、各ボランティアを比較して課題点を見つけ、それを改善するにはどうしたら良いのかと考えるようになったのです。そのために今、県立大学で学んでいます。

 

この経験から私が伝えたいのは、まず自分から動き出してみようということです。私みたいに興味のあるものが漠然としていて悩んでいる人もいれば、受験の準備を何から始めれば良いのか悩んでいる人もいると思います。そんなときはボランティアやワークショップに行ってみるも良し、担任の先生や私たちCAに相談するも良し。個人的には夏休みは転換点になる大事な時期だと思います。不安なことを減らすために、とにかく積極的に行動してみましょう!学びになることがたくさんあるはずです!!でもたまには休むことも大事ですよ^^;

 

それでは今回はこの辺で!長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!!

はじめまして!*くーちゃん

みなさんはじめまして。

看護学部1年のくーちゃんです。

今回初めてのブログなので少し緊張しますが、暖かい目で見て頂けたら幸いです。

今回は私の現在の大学生活と去年行っていた受験対策についてお話しします。

 

まずは大学生活!

新型コロナウイルスの影響でオンラインで授業を受けていましたが、6月後半から対面授業になりました。対面授業になってから1ヶ月以上経って最近ようやく学校に慣れてきました笑。看護学部は必修科目が多いので、意外と忙しいなというのが今の気持ちです。ですが、空きコマを使って課題をしたり友達と話したり毎日とても充実しています!

私はお昼ご飯は学食を利用することが多いのですが、頻繁にメニューが変わるのでそれも楽しみです笑。おいしいですよ~。

 

次は去年の受験勉強についてです。

正直去年の今頃は、何を勉強していいか分からず、とりあえず苦手な数学を復習していました。問題集の練習問題を最初の方から解いていったのですが、今考えると非効率です…笑

自分の苦手な範囲を明らかにしていた方が、受験勉強を始めるときに役立つと思います。あと、英語は単語をしっかり覚えていた方がいいです!単語を覚えると、長文問題は解きやすくなります。英語が苦手な方は単語から始めて見てください~。私はひたすら単語帳を見ていました。友達同士で問題を出し合うと頭に入りやすいですよ。生物や化学は、「この1冊は完璧にしよう!」という気持ちで1冊の問題集に取り組みました。何冊もあれこれ手を出すより、そうした方が自信になると思います。試験本番前はやってきた問題集を振り返って確認していました。1冊を完璧にしていれば、本番直前に焦ることは少なくなります。国語は過去問をといていました。過去問を解いていると、古文や漢文の単語、漢字など同じものが出てくることがあります。なので、出題された単語や漢字はその場でしっかり覚えると、次につながると思います。覚えたものが次のテストとかで出題されると「分かるぞ…!」ってなります。なんだか嬉しくなりますよ笑。

 

この時期は入試までまだまだあるな~と思いがちですが、意外とあっという間に過ぎていきます。笑顔で春を迎えられるよう、今できることに取り組んでみてください(^^)

 

 

最近は暑い日が続きますが、体調に気をつけて頑張りましょうー!

 

 

以上、くーちゃんでした。