ホーム > キャンパスアテンダント > CA Blog

CA Blog

Blog - 授業

「ゆらぎ」を受け入れる力*こえだ

 

みなさんこんにちは!

社会福祉学部社会福祉学科3年 こえだ です!

 

7月以来のブログ更新となります! よろしくお願いします~

 

最初に、宣伝です!

来週1214日(土)14:00~17:00にアイ-ナ7階岩手県立大学アイーナキャンパスにて、CAカフェを開催いたします!

これから一般入試へ向かうみなさん、県大のことがちょっと気になるそこのあなた、アイ-ナへ足を運んでみてください。現役県大生が、受験対策や大学生活などさまざまな疑問へお答えします!お菓子、飲み物あります!息抜きでもOK!ぜひ、来てみて下さい(^_^)/

 

 

宣伝はこのくらいにしておいて、本日の本題です。

 

私は、社会福祉学部で社会福祉士の受験資格を取る予定です。そのためには、実習が必要です。

そこで私は、医療機関で働くソーシャルワーカー(MSW)に興味があり、4週間病院で実習させていただきました。

 

医療スタッフと共に行う会議や、入院されてる方との会話など、毎日さまざまな場面を見学しました。また、入院されている方の支援計画を自分で立てるという課題へも挑戦しました。

 

そんな実習の中で、実習指導者から自分の考え方を変える言葉をいただきましたので、今日はそれを紹介したいと思います♪

 

今回のタイトル“「ゆらぎ」を受け入れる力”という言葉です。

 

聞き慣れない言葉かと思いますので、まず、「ゆらぎ」のニュアンスを説明しておきます。

 

「ゆらぎ」とは、これで良かったのか、うーん・・・、どっちがよかったんだろう、等考え

悩み迷っているあなたの心の状態のことです。

 

指導者曰く、ソーシャルワーカーはよくこの心の状態になるのだそうです。

自分の支援は正解か?間違っていたのでは?というように。

 

事実私も、現実と理想のギャップを目の当たりにしたり、MSWの専門性が分からなくなったり・・・。実習中は毎日ゆらいでいて、正直、苦しかったです。

 

そんなゆらいでいる私に、指導者が教えて下さったのが“「ゆらぎ」を受け入れる力”です。

 

私たちは「ゆらぎ」を、悪い物と考えがちです。

しかし、実際は「ゆらぎ」こそ、よく考え自分が成長している時間なのだそうです。

そして意外なことに、いつも自信満々そうな人でさえ、ゆらいでいます。

いくら学び、どんなに知識をつけようとも、誰もが「ゆらぐ」のです。

 

「迷っている自分が嫌」や「答えが分からないのが嫌」と、「ゆらぎ」から逃げている時が、一番自分を苦しめます。

指導者の話を受け、私は「ゆらぎ」を受け入れ、付き合っていくことでソーシャルワーカーとしてさらに考え・成長していけるのだと気づけました。

 

 

素敵なことに「ゆらぎ」を受け入れる力は、ソーシャルワークだけではなく、人生そのものに活きると気づきました。

 

「私の夢は何だろう」「私は何に興味があるのだろう」「将来どうしよう」など。

(↑高校生の時に私がゆらいでいたことです。今でもグラグラゆらいでます(^_^))

 

悩んでいる、迷っている、考えて答えが見つからない私を、客観的に「あ、私今ゆらいでる」と受け入れてみるといいかもしれません。そうすることで、「大丈夫、みんなも悩んでる」「もっと考えてみよう」と、落ち着けるでしょう。

 

よくゆらいだ結果見えたものが、納得のいく道なのかも。と最近の私は思います。

そして「ゆらぐ」こと、それを受け入れられる人には、力があるのだと思います。

 

私は、受け入れてみることにしました(*^_^*) なかなか出来ないときもありますが笑

 

皆さんも「ゆらぎ」を受け入れ、もっとゆらいでみませんか?

 

長くなりましたが、今日皆さんへ伝えたかったことは以上です。

何か、役に立てていたら嬉しいです。

 

それでは、また!!

卒業論文中間発表会*のま

こんにちは~。お久しぶりです!

総合政策学部CA3年ののまです。

 

最近すごく寒くなってきました。みなさんは風邪などひかれていないでしょうか?

これから本格的な冬になりますが、体調を崩さないように気をつけてくださいね!

 

さて、今回は私の所属している総合政策学部の環境系履修モデル(旧カリキュラム)で先週行われた卒業論文の中間発表会というものについてご紹介していきます。

 

みなさん知っているとは思いますが、卒業論文とは、大学の最終学年時に自分で決めたテーマについての研究(卒業研究)の成果として作成する論文のことです。

その卒業論文について、各々の途中経過を発表するのが中間発表会です。

 

私はまだ3年生なので発表はしませんが、同じ研究室に所属している先輩方の発表を見るために中間発表会に行ってきました。

noma1205.jpg

 

中間発表会では、パワーポイントを使って研究の背景や目的、調査方法や結果・考察などについてプレゼンを行います。

 

今年度の中間発表会では、岩手県立大学の調整池に生息するザリガニについての研究や沿岸の海浜植物、希少な水草の保全に関する研究など、とても興味深い発表をたくさん見ることができました。

 

発表の後には、学生や教員からの質疑応答の時間もあり、卒業論文の最終発表会に向けてそれぞれの研究についてさらに深めることができる良い機会にもなっているのだなと思いました。

 

また、先輩方の発表を見たことで、中間発表会の雰囲気や発表の仕方などがわかったので、来年自分が実際に発表するときの参考にしていきたいと思います。

 

 

話は変わりますが、1年後の今頃には自分も中間発表会でプレゼンをしているということは、大学生活も残り1年とちょっとになってしまったということです…。

 

振り返ってみると、大学に入学してからあっという間の3年間だったと感じています。

(卒業するみたいな言い方ですがまだ卒業しません(笑))

 

残すところ約1年の大学生活、悔いが残らないように勉強もCAの活動も頑張っていけたらな~と思います!

 

今、中学生や高校生のみなさん、3年間は長いようであっという間です。

あれをやっておけばよかったとか、もっとこうしておけばよかったとか後悔しないように、今やりたいと思ったことや今しかできないことにぜひ挑戦してみてください!

やってみて良い結果にならなくとも、やらずに後悔するよりは断然良いと思います。

 

たくさんのことに挑戦して、充実した中学・高校・大学生活を過ごしてくださいね(^^)

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

またいつかお会いしましょう~

看護学部の実習!*わらー

みなさんこんにちは!

看護学部3年のわらーです

 

12月に入り、岩手は本格的に寒くなっています。

鍋が多くなる時期ですね。先週の夕飯は週3で鍋にしちゃいました。

 

先日のんつーもお話していますが、看護学部3年生は今実習中です

 

今年の実習期間は9/24〜12/20までの約3ヶ月間、来年の実習は5/11〜7/10の約2ヶ月間です。

 

この期間に6つの看護学専門領域実習を行います。ライフサイクル別の「小児看護学実習」「成人看護学実習」「老年看護学実習」のほか,主に妊娠・出産・育児期にある母子と家族を対象とした「母性看護学実習」,精神を病む人を対象とした「精神看護学実習」,主に地域に住む人々を対象とした「地域看護学実習I」です。

 

現在は、3つの領域を終えました。どの領域も対象者さんの疾患とその背景について知り、1人ひとりにじっくりと関わることで学ぶことが深い実習となっています。

 

人間っておもしろい!看護っておもしろい!と感じる毎日です。看護学部に入学し、看護を深く学ぶことができて、本当に幸せだなとひしひし感じています。

 

私が高校生の時には、先生、友達、家族と多くの人に支えられ、受験を乗り切ることが出来ました!

 

受験生の皆さん、受験が近くなり焦りと不安に押しつぶされそうな気持かと思いますが、

まわりの支えてくれている人に、少し感謝の気持ちを伝えると、ほっと暖かい気持ちになれるかもしれません。

ありがとうと伝えて、ぐっとあと一息です!

 

みなさんの受験を心から応援しています!

副専攻授業の紹介*あいみー

みなさんこんにちは!

総合政策学部CA2年のあいみーです。

 

もう11月も終盤に差し掛かり、推薦入試が近づいてきましたね・・・。

今日は、大学の授業の中でも、「副専攻」の授業についてお話ししたいと思います!

少しでも受験の参考になれば嬉しいです(^^)/

 

まず、副専攻の授業って何ぞやというと、大まかにいうと卒業の条件には含まれない、学部共通で受けたい人が受ける授業という感じで考えてくれたらいいと思います。

私は副専攻の授業で「いわて創造学習」という授業を受けているのですが、その授業の紹介をしますね!

 

「いわて創造学習」の授業には段階が複数あります。

「いわて創造学習Ⅰ」では、フィールドワークと言って、岩手県の市町村のどこかに実際に赴いて、地域の人のお話を聞いたり、活動に参加したりします。

私が去年参加したときは、一関に行って新事業を立ち上げて活動している人のお話を聞いたり、地元の高校生から一関の歴史について学んだりしました!

 

そして私が今年受けている「いわて創造学習Ⅱ」では、フィールドワークだけでなく、学生が主体となって1から対象地域を選び、活動内容を練って、実地学習プログラムを企画することをしました。

 

この授業の魅力は、自分たちでプログラムを作るので、自分たちが学びたいことについてアクションを起こすことができる点です!!

私は前から地域活性化に興味があったので、今回は釜石に行って新しい働き方や観光コンテンツの在り方などについて焦点を絞って学んできました。

実際にその地域に行ってみないとわからないことって多くて、とても意義のある授業だと思っています(*’ω’*)

 

この授業に興味が出た方は、ぜひ月に1度行われているCAカフェにお越しください!

私たちCAがさらに詳しい授業内容、その他受験対策や学校生活などのみなさんの疑問点にお答えしたいと思います♪

次回開催は12月14日(土)14:00~17:00、アイーナ7階 岩手県立大学アイーナキャンパスです!皆さんのお越しをお待ちしておりま~す!

 

体調を崩しやすい季節ですが、健康に気を付けて受験を乗り切りましょう!

皆さんの合格を願ってます!!それではまたね!!!

いよいよテスト!*かまえもん

みなさんこんにちは!

CA2年のかまえもんです。

 

8月になりずいぶんと暑くなってきましたね(^_^;

みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

私たちはついにテストが始まりました。

始まってしまいました...TT

 

「でんでん」や「あかねん」が書いていたように、大学のテストと高校のテストはかなり違います。

私自身は、一夜漬けでテストに臨むことが多いので、大学のテストのほうが助かっています(笑)

 

大学のテストでは、科目によっては教科書や自分のノートの持ち込みが許可されているものもあります。

 

これだけ聞くと、めちゃくちゃ楽そうに聞こえますね。

 

しかしながら、大学で勉強する内容は高校で教わるのよりも複雑なものが多いです。

そのため、勉強しないで持ち込みにだけ頼っていても絶対にうまくいきません。

 

結構大変です…

 

高校生のみなさんもそろそろテストでしょうか?

それとも夏休みに入っているのでしょうか?

 

これからテストがある人は必死に勉強しましょう!

すでに夏休みに入っている人は、部活動や大学受験の勉強など、自分のやりたいことに向かって頑張ってください!

 

私は目の前のテストに向けてラストスパートです!

 

以上、かまえもんでした!