ホーム > キャンパスアテンダント > CA Blog

CA Blog

Blog - 学部について(ソフト)

先生になるためのお勉強*えつお

みなさんこんにちは!!!

 

岩手も秋に入って、寒さがだんだんと厳しくなって来ましたね………

 

CA1年、ソフトウェア情報学部のえつおです!(唐突な自己紹介)

岩手県立大学に入学する前は愛知県に住んでいて、岩手の冬を越すのは初めてになります(震え)

 

さて、11月2・3日は岩手県立大学の大学祭「鷲風祭」が開かれていました!皆さんは足を運びましたか?

 

そんな大学祭も終わって、大学生はまた普段の日常を過ごしていきます。

 

僕からは、そんな大学生の日常生活の一つである授業の中から、周りとほんの少しだけ違う生活を送っている教職課程のことについて書こうと思います!(大学祭全く関係ない)

 

まず、岩手県立大学には教育学部がありません。

ですが代わりに「教職課程」というものがあります。

 

ん?教職課程って教員になる人がするんじゃないの?教育学部がない岩手県立大学に教職課程なんてあるの?

 

…と思われたそこのあなた!!

岩手県立大学では、看護学部とソフトウェア情報学部の2学部で教員になるための勉強ができます!

 

看護学部は養護教諭の資格、いわゆる保健の先生になる為の資格が取得できます。僕は高校の時、よく保健室に通って先生とお喋りしていました(笑)

※看護学部では、教員資格として「養護教諭一種免許状」と「高等学校教諭一種免許状(保健)」が取得できます。

 

ソフトウェア情報学部では情報の先生になるための資格が取得できます。僕は現在この教職課程を受けて、先生になる為に勉強中です!

※ソフトウェア情報学部では「高等学校教諭一種免許状(情報)」が取得できます。

教職課程では、1年後期から本格的な授業が始まり、教育心理学や日本国憲法などをしっかり学んで、4年生になった頃に教育実習があります!

この教育実習は基本的に自身の母校で行うので、仲の良かった先生と再会するチャンスかもしれません………!!!

 

…さて、あんまり長く話すと皆さんが飽きてしまうので、最近僕が教育心理学で習った事を皆さんに伝えたいと思います。

 

 

皆さんは、「学習性無力感」というのをご存知でしょうか?

こう聞くと、なんだか難しいものに聞こえてきますね(汗

 

では、皆さんは先生や先輩、あるいは同級生から

 

「努力が足りない」

「どうしてできないんだ」

「周りはもっとやっている」

 

と言われた経験はありますか?

僕はあります。

 

自分なりに頑張っている人達は、こんな言葉を言われてしまうと、

「頑張っても無駄」

という事を学習してしまいます。

そして、頑張る事を諦めて無力感に襲われる…

 

これが「学習性無力感」というものです。(私なりの説明ですので、詳細は調べてみて下さい。)

 

努力をすることが必ずしも良い結果につながるとは限らないと、色んな人達がそう言っています。それなら、結果を求めて努力をすることは一度忘れてみませんか?

 

皆さんが思い思いにやりたい事をやる。

他人の評価を気にせずにやる。

したい勉強をする。

自分のために勉強をする。

 

自分の為に努力をしてみてください。

あなたのその努力は、例えどんな結果になっても今後必ずあなたの力になってくれます。

 

先生や先輩、或いは同級生から

「努力が足りない」

と評価されても、今の皆さんならこう捉えられるはずです。

 

「お前の為に努力してるんじゃないぞ」と。

 

 

長々と話してしまいすみません(泣

 

センター試験まで約60日です…!

一般入試の方は、沢山の努力をして最後のセンター試験に臨んでくださいね!!

くれぐれも「学習性無力感」にはご注意を……!

研究室の夏合宿 *わかねぎ

こんにちは!

ソフトウェア情報学部3年のわかねぎです(=゚ω゚)ノ

今回は、研究室での行事について紹介します!

 

8/7〜9/24という長~い夏休みの終わりに、私が所属する研究室では1泊2日の合宿がありました。

この合宿では県内の素敵な場所を見つつ、研究や課題の発表もします。

合宿に参加するのは3・4年生と大学院生と先生なので、私は今回が初の参加でした!

そんな初合宿の行き先は野田村・田野畑村。

 

★1日目★

まずはバスで県大から宮古駅まで移動しました。

宮古駅からはお座敷列車に乗りました!

途中で休憩した駅(駅名は失念してしまいました…)は、螺旋階段のあるお洒落な駅でした。

20141008_1.png

 

東日本大震災のときにはクウェートから支援があったとのことで、こんな素敵な看板も(*´∀`*)

20141008_2.png

 

宿は野田村の「国民宿舎えぼし荘」というところでした。

これはストラップですが、えぼし荘の入口では大きな「のんちゃん」がお出迎えしてくれました。

20141008_3.png

 

さて、こちらが宿の夕ごはんです。

20141008_4.png

流石は沿岸のまち、魚介類がとても美味しかったです!

 

ごはんの後には4年生は研究、3年生は課題の発表がありました。

(3年生の課題とは、Javaというプログラミング言語でシステムを作る、というものです)

私はプログラミングがあまり得意ではないのですが、しどろもどろになりながらもなんとか発表を終えました!

 

後期からまた勉強頑張ります(°_°)

 

★2日目★

えぼし荘をチェックアウトしたら、田野畑村へ。

この日のメインは北山崎の散策でした!

まずは灯台に向かいました。

20141008_5.png

道は狭くなかなか急でしたが、北山崎の海はとても綺麗だったので撮影ポイントを探しつつ登りました。

20141008_6.png

みんなで登りましたψ(`∇´)ψ

20141008_7.png

 

そして灯台に到着!

20141008_8.png

みんな息切れしていましたが、達成感がありました。

灯台を見た後、友達2人と私は海のほうに降りてみることに。

なんとか道を探し出して降りると…

20141008_9.png

20141008_10.png

 

水が透きとおっていて、これまた綺麗でした。

(天気がよかったらもっと綺麗なんだろうな…)

 

田野畑散策のあとは、バスで県大に帰りました。

さすがに疲れきっていて、車内はとても静かでした( ˘ω˘ )

 

初めての合宿でしたが、岩手でも行ったことのない場所に行けたのは新鮮でした。

課題発表は上手くいくか心配でしたが、なんとか乗り越えて2日目には散策を楽しめてよかったです!

綺麗な写真もたくさん撮れました( ^ω^ )

 

県大のソフトウェア情報学部には、他にも19の研究室があります。

大学祭で模擬店を出すところ、ボーリング大会があるところなど、研究だけでなく行事も個性豊かだと思います!

そんなところに注目してみるのも面白いかもしれませんね…☆

 

 

 

 

 

 

ソフトウェア情報学部の研究室

こんにちは!

CAのソフトウェア情報学部2年熊谷真純です。

今日はソフトウェア情報学部の研究室についてお話します!

 

岩手県立大学のソフトウェア情報学部は1年生から研究室に配属され、1年生から3年生の部屋と、その隣には4年生と大学院生の部屋があります。

そのため、縦の関わりが多くあります。

 

毎週出されるレポートがわからないとき、進路について悩みがあるとき、そんな時、いつでも先輩に相談できる環境になっています。もちろん、遊びの誘いも気軽にできますよ!(笑)

 

先日私も先輩に進路相談をして良いアドバイスをもらいました。そしてその先輩とごはんを食べに行く仲になりました。真面目な話も砕けた話もできます!

 

このような環境は他の大学ではあまりないと思います。私が“岩手県立大学でよかった!”と思える要因のひとつです!