ホーム > 新着情報

報道関係の皆様へ

「たったひとつのスイッチが開く世界」~ICTを活用した重度障害者のQOL向上~と題して、下記のとおり講演会を開催いたします。

コンピュータは重度障害者にとってなくてはならない大切な相棒です。一方で、コンピュータの操作を行うのがとても大変なのも重度障害者です。
本講演では、重度障害者が使うコンピュータ操作支援技術とその生活の一端に触れてみることで、コンピュータによる障害者支援技術とそれを使う障害者の生活について学びます。
講師には、福祉情報工学を専門とする島根大学の伊藤史人助教、74歳でありながら高校生活をエンジョイしている四肢不自由の重度障害である板倉ミサヲ氏、頸髄損傷により首から下がまったく動かない番田雄太氏をお迎えし、ご講演いただきます。多くの皆様のご参加、お待ちしております。

日 時:平成29年1月27日(金)14:40~16:10
場 所:岩手県立大学 共通講義棟202講義室 (〒020-0693 岩手県滝沢市巣子152-52)
参加費:無料
講 師:伊藤史人 氏(島根大学助教・福祉情報工学)*岩手県立大学修了
    板倉ミサヲ 氏(四肢障害・74歳にして現役高校生)
    番田雄太 氏(頚椎損傷・会社員)
申込方法:所属・参加者名・連絡先を記載し、メールまたはFAXにてお申込みください。
     件名は「1月27日講演会申し込み」と記載してください。
     【メール】 aki@iwate-pu.ac.jp
     【FAX】  019-694-3343
お問い合わせ:社会福祉学部 教授 小川晃子
     【電話】  019-694-3343 
  

kouenkai .jpg  
チラシのダウンロードはこちらから→講演会チラシ



地方創生の主役となる若者を育む機会として、インターンシップ等の課外活動が一層活発化する中、岩手県立大学が幹事校を務める東北インターンシップ推進コミュニティではこの度「企業と大学のためのインターンシップ研修会」を下記内容にて開催することと致しました。

研修会では、インターンシップ実施におけるリスクや、企業にも学生にも効果的なインターンシッププログラムを大学教職員、企業、コーディネート団体が一緒に考えます。

インターンシップに関わる教育機関教職員の皆様、受入を実施・検討されている企業の皆様は是非ご参加ください。

 

「企業と大学のためのインターンシップ研修会」

日時:2017.1.30(月)13:30~17:40
会場:東北学院大学 土樋キャンパス ホーイ記念館 H304教室
参加対象:インターンシップ実施に関わる方皆様(大学・企業・NPO等)

主催:東北インターンシップ推進コミュニティ
共催:東北経済産業局
協力:一般社団法人 ワカツク

 

プログラム:
【第一部】
●「地域が人を育て、人が地域で輝くしくみづくりに向けて」
東北経済産業局 地域経済部 産業人材政策室長 遠藤 憲子

●「伴走型人材確保・育成支援モデル事業について」
復興庁 参事官 武隈 義一 氏

●「東北インターンシップ推進コミュニティの取組みについて」
岩手県立大学 学生支援本部 特任准教授 高瀬 和実

●「名古屋産業大学におけるインターンシップの取組み、インターンシップのリスク等について」
名古屋産業大学 大学院 環境マネジメント研究科 教授 石橋 健一 氏

【第二部(分科会)】
●分科会1 「インターンシップリスクマネジメントワークショップ」
名古屋産業大学 大学院 環境マネジメント研究科 教授 石橋 健一 氏

●分科会2 「実践型インターンシップワークショップ」
一般社団法人ワカツク 代表理事 渡辺 一馬 氏

●全体会

 

参加申込方法:
①~⑤の内容を記載の上、1/25(水)迄に「ipu-syusyoku@ml.iwate-pu.ac.jp」へメールにてお申込みください。
①団体名 ②職名 ③氏名 ④連絡先メールアドレス ⑤連絡先電話番号 ⑥参加希望の分科会

 

 

プログラム詳細は下記のチラシ画像をクリックしてご覧ください。

企業と大学のためのインターンシップ研修会



看護学部 菊池和子教授のご退官にあたり、最終講義を下記のとおり開催いたします。
日時:2017年2月9日(木)13:00~14:30
場所:看護学部棟102・103講義室
タイトル:国際交流・共同研究から看護実践知の研究を通して今後に期待すること

参加申込み方法等は看護学部ホームページをご参照ください。
http://www-nurs.iwate-pu.ac.jp/2017/01/10/1351/

saisyuukougi.jpg



本研修会は、介護分野に必要とされる最新知識や技術を提供することで、実践者と教員、および、学生がともに学びを深める目的で実施している研修会です。今年度は、「福祉専門職として学び続けていくために」というテーマで、基調講演とシンポジウムを企画しています。介護、福祉現場で活躍している皆様に是非ご参加いただき、専門性の質の向上について、意見交換の場にしたいと考えております。

  1. 日時 平成29年2月22日(水曜日)13:00〜16:00
  2. 会場 盛岡地域交流センター マリオス18階 188会議室
  3. 対象 介護実習指導者、介護福祉士有資格者、介護実践者等
  4. 研修会テーマ「福祉専門職として学び続けていくために」
  5. 基調講演「生活支援は一生かける価値のある仕事」
     講師 浦和大学名誉教授 黒澤 貞夫 氏
  6. シンポジウム「福祉専門職として学び続けていくことの重要性」
     特別養護老人ホーム れいたく苑 主任生活相談員 高橋 朝美 氏
     グループホーム やすらぎ 管理者 横澤 加代子 氏
     岩手県立大学社会福祉学部 4年次在学生
     岩手県立大学社会福祉学部 吉田 清子 准教授
     コメンテーター 黒澤 貞夫 氏
     コーディネーター 岩手県立大学社会福祉学部 米本 清 教授
  7. 参加費 無料  

参加申込み方法等は社会福祉学部のホームページをご参照ください。
http://www-welf.iwate-pu.ac.jp/2111

kennsyuukai.jpg



平成28年度 洋野町・ひろの町民大学連携講座

テーマ「環太平洋戦略的経済連携(TPP)協定で変わる産業構造~我が町への影響は~」
【講師】岩手県立大学 総合政策学部 准教授 新田 義修

 平成29年2月18日(土)に、洋野町民の生涯学習推進を目的としたひろの町民大学(主催:洋野町民教育委員会)と岩手県立大学が連携し、講座を開催いたします。どなたでも受講できますので、ぜひ御参加ください。

 

詳しい内容はこちらを御覧ください。

 



このページのトップへ