ホーム > 新着情報

「平成24年度岩手県立大学・大学院秋季学位記授与式」をとり行ないました。

9月25日(火)秋の気配が急に色濃くなってきたこの日、滝沢キャンパスにて「平成24年度岩手県立大学・大学院秋季学位記授与式」を挙行しました。

最初に、看護学部、ソフトウェア情報学部、総合政策学部、ソフトウェア情報学研究科博士前期課程、同博士後期課程をそれぞれ卒業・修了する計13名に中村学長から学位記を授与。

次いで、学長式辞においては「様々な状況においてどうあるべきかを考え、自分で判断するということが大切であるが、それにはどのように学んで来たかが大きな影響を与える。学ぶことは、大学を卒業したからそれで終わりというものではない。これからも学び続けて楽しく人生を送って欲しい」とのメッセージが贈られました。

 CIMG0484_800.jpg 

 【↑看護学部看護学科の佐々木悠さんから順に学位記を授与】

 CIMG0508_800.jpg 

 【↑中村学長からの式辞。「学ぶ」ことの大切さなどが語られました。】

CIMG0510_800.jpg

 【↑学長式辞に聞き入る卒業(修了)生のみなさん】

CIMG0514_800.jpg

 【↑最後に記念撮影。皆さん、おめでとうございます!】

 

 

 

 

 

岩手県立大学 総管理者 (2012年9月27日 13:02)