ホーム  > 大学案内  > 社会福祉学部ポリシー

社会福祉学部ポリシー

社会福祉学部ディプロマ・ポリシー

 社会福祉学部では、本学の建学の理念、教育の特色、教育研究上の目的を踏まえ、人間の尊重に対する深い理解に立ち、高度な専門的学識・技術とそれを総合する学際的教養を備えた問題解決能力の高い人材の育成を図り、本学学則に定める卒業要件に必要な年数以上在学し且つ単位を修得した学生を、次に掲げる『学生が卒業までに身につけるべき能力』を備えた者として、学位『学士(社会福祉学)』を授与します。 

学生が卒業までに身につけるべき能力

【福祉経営学科】

1 従来の福祉に関する制度・組織・システム等を問い直し、より良い人間の関係性や社会の体系・有機的連携に資するため、生活の基盤を支える場で有効に機能する知識と技術を活用することができる。(福祉システム教育群)
2 生活環境及び情報を基盤にして、これらの知識・技術を福祉分野に応用するとともに、その適合のための技術や生活環境の開発を考えることができる。(フロンティア福祉教育群)

【福祉臨床学科】

1 社会福祉の基礎を踏まえて、人間の発達段階で生じる福祉課題を理解し、課題解決にむけた具体的・実践的な支援ができる。(臨床福祉教育群)
2 心理学的な方法論の修得によって、人間の心理・行動を深く理解し、その理解を通して、社会福祉的課題において心理学的支援ができる。(福祉心理教育群)

社会福祉学部カリキュラム・ポリシー

【福祉経営学科】
 福祉システムとフロンティア福祉という2つの教育群において、社会福祉の基盤づくりやサービスの展開に必要とされる条件を理解し、それらの運用・管理や、整備・開発のための理論と実践について学修します。

【福祉臨床学科】
 臨床福祉と福祉心理という2つの教育群において、個別的な特徴をもつ臨床的な福祉ニーズに対応するための援助・支援技術を理解し、それらの問題を解決するための理論と実践について学修します。

 本学部が設定している下記の科目群を、各自が主体的に学修できるよう、入学時から段階的に履修指導を実施します。1年次は学科共通の科目(全学共通、専門基礎)履修を中心とし、2年後期には教育群に仮配属され、3年次からは教育群での学修へと移行します。なお、教員免許状および専門職資格の取得に関わる学修は、それぞれの資格課程に各自の選択で登録し、その指導を受けます。

1 専門基礎科目(1~2年次)
 専門基礎科目Ⅰは社会福祉学のコアとなる基本科目、専門基礎科目Ⅱは専門研究の基礎となる諸科学の科目で構成され、必修または選択必修です。

2 基幹科目(2~3年次)
 基幹科目Ⅰは学部に共通した社会福祉学の主要領域に関する科目、基幹科目Ⅱは学科や教育群の特色も反映した科目です。

3 展開科目(3年次)
 
教育群それぞれの専門分野に関する科目です。

4 発展科目(4年次)
 
4年間の学修成果を統合的に発展させる科目で、研究および演習と講義で構成されており、必修または選択必修です。

5 教職科目(1~4年次)
 
教員免許状の取得に必要な科目で、高等学校教諭一種免許状(福祉)、高等学校教諭一種免許状(公民)は両学科において、幼稚園教諭一種免許状は福祉臨床学科においてのみ取得可能となっています。

6 資格科目(1~4年次)
 
社会福祉の専門職資格に関する科目で、所属する資格課程(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士)の指導によって履修します。なお、社会福祉士および精神保健福祉士の国家試験受験資格は両学科において、介護福祉士の国家試験受験資格並びに保育士資格は福祉臨床学科においてのみ取得可能となっていますが、取得できる資格の組み合わせには制限があります。