ホーム  > 研究・地域連携  > 『岩手県立大学復興サポートオフィス 田老』を開所しました

『岩手県立大学復興サポートオフィス 田老』を開所しました

『岩手県立大学復興サポートオフィス 田老』を開所しました!

 本学は、平成24年12月20日(木)に、宮古市の市田老総合事務所に『復興サポートオフィス 田老』を開所しました。大規模災害時にもつながる情報通信インフラの実験基地局として、衛星回線を使って情報伝達手段を確保するほか、現地住民との情報交換や会議など教員の活動、学生ボランティアの活動拠点として活用していきます。

 開所式は、同12月20日(木)に現地で行われ、中村学長と山本正徳宮古市長が看板を掲げました。

 taroukaikai1.jpg taroukaikai3.jpg taroukaikai4.jpg

    開所式の様子       山本正徳宮古市長    山本市長(右)、中村学長(左)

                                            

 また、本学のソフトウェア情報学部柴田義孝教授は、衛星回線で本学の滝沢キャンパスにいる学生と通信を行いました。通信インフラは、平常時にも有効活用していく予定です。

                  taroukaikai5.jpg    taroukaikai6.jpg

               取材の様子     (右から)山本市長、中村学長、柴田教授