ホーム  > 地域貢献  > 【2017.8.8】『新技術説明会』を開催します!

【2017.8.8】『新技術説明会』を開催します!

 2017年8月8日、JST東京本部別館1Fホール(東京・市ヶ谷)にて『新技術説明会』を開催いたします。
 新技術説明会は、大学から生まれた研究成果(特許)の実用化(技術移転)を目的とし、発明者が自ら発表及び個別面談を行います。
 当日は、午前に本学の研究成果のみを紹介する「岩手県立大学 新技術説明会」、午後は4校合同で行う「看護、介護、保健 新技術説明会」を開催します。新技術や産学連携にご関心のある企業関係者など、多くの方のご参加をお待ちしております。

◇会 期:2017年8月8日(火)10:00~15:55

◇会 場:JST東京本部別館1Fホール(東京・市ヶ谷)

◇参加費:無料

◇主 催:【岩手県立大学 新技術説明会】岩手県立大学、科学技術振興機構

     【看護、介護、保健 新技術説明会】岩手県立大学、青森県立保健大学、
                      三重県立看護大学、札幌市立大学、科学技術振興機構

◇後 援:特許庁

◇プログラム

【岩手県立大学 新技術説明会】9:30 開場

10:00~10:25 「目や耳にとらわれない直感的な自動車危険通知」
          岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 講師 鈴木 彰真

10:30~10:55 「歩行障がいを対象とした歩行モニタリングシューズとモニタリングアプリケーション」
          岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 教授 村田 嘉利

11:00~11:25 「シミュレーション教育に活用!異常値を意図的に表示するシステム」
          岩手県立大学 看護学部 講師 三浦 奈都子

11:30~11:55 「空間的にシームレスな局所的通信システム」
          岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 准教授 新井 義和 

 

【看護、介護、保健 新技術説明会】12:55 開場

13:25~13:30 開会挨拶
         発明推進協会 産学連携知的財産アドバイザー 市山 俊治

13:30~13:55 「点滴自己抜去検出とそのモニタリングシステム」
          岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 教授 村田 嘉利

14:00~14:25 「健康な人から病気を学ぶ!異常音聴診システム」
          岩手県立大学 看護学部 講師 三浦 奈都子

14:30~14:55 「食品由来のp-ターフェニル化合物の生理活性と構造活性相関」
          青森県立保健大学 健康科学部 栄養学科 講師 乗鞍 敏夫

15:00~15:25 「車いす利用者のQOLを向上させるスライディングボードの開発
          札幌市立大学 看護学部 講師 田中 広美

15:30~15:55 「有効な心肺蘇生ができる足趾補助台」
          三重県立看護大学 看護学部 看護学科 教授 齋藤 真 

※詳細及びお申込みは、JSTのホームページをご覧ください。